メローの生存報告

タグ:映画

※ネタバレ



まず、この映画の監督白石晃士といえば「コワすぎ」シリーズですね。モキュメンタリー作品で、飽きない何度でも見れるとても面白いシリーズです。「カルト」や「ノロイ」も一見の価値大アリの名作ですね。個人的には「カルト」の続きが見たいです。

そんなわけで好きな監督が「貞子VS伽椰子」を撮るっていうんだからこれはもう楽しみで仕方なかったです。

結論からいうと期待通りの面白さと予想以上の恐さがありました。もっと対決重視のお祭り映画になるかと思っていたのですが、ガチホラーでしたね。
薄暗い雰囲気の中迫ってくる、回避不能な貞子と伽椰子の攻撃に震えました。特にこの映画の貞子は猶予2日&ダビング無意味の2段構えに加え、何とかしようとした有能な霊能力者を豪腕で瞬殺してしまう強キャラっぷり。
貞子と伽耶子を戦わせてみよう、というより貞子と伽耶子を戦わせて同士討ちしてくれるしか道は無い!っていう追い詰められた人間側の最終手段を描いたものでした。


自分は平日のレイトショーで見た為、客が少なかったんです。後悔しましたね。前半の貞子パート恐すぎんだろ・・・。伽耶子パートの伽耶子の家に入っちゃった子供達が次々襲われていく所も恐かったです。

貞子の呪いを被った少女と伽耶子の家に踏み込んでしまった少女がお互いの呪いをぶつけあう事で・・・。といったストーリーが展開されます。

序盤は貞子パートと伽耶子パートに分けられ、それぞれが呪いを受けるまでの話なのですが、これがとにかく恐い!貞子の圧倒的絶対的な殺意と伽耶子の家に踏み込んだものに対する女子供だろうと容赦しない殺意に震えながら、いよいよ呪いをぶつける時へ・・・!

その方法なんですが、伽耶子の家で貞子のビデオを観るという、誰しもが一度は想像した事があるであろう究極の呪われ方でした(笑)
確かにそれをしたらどうなるんだろうと、遂にその結末が観れるんだとワクワクしました。

貞子と伽耶子の戦い方は正直ちょっと笑いが出るほどの肉弾戦でした。貞子が髪の毛で伽耶子をグサーしたと思ったら、伽耶子が後ろから貞子に飛びかかり家の奥に引き摺りこんでいくという(笑)

そしてラストは・・・・・・、まぁそういう終わり方ですよね。って感じ。いわゆるエイリアンVSプレデターな終わり方でした。
人間の貞子と伽耶子の呪いに対する非力さと全く予想出来ない呪いのぶつかり合いを描いた楽しめる作品だったと思います。

終わり方は予想つきましたが、序盤の全力ホラーは正直震えました。


次は貞子&伽耶子VSNEO様が観たいです。

まずですね、私は怪獣特撮が大好きです。元々ゴジラが大好きなんです。

初めて見たゴジラは『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』ですね。
私は1987年生まれなので、私が生まれる15年位前に公開されたものですね。何歳くらいに見たのかはちょっと覚えてないですけどVHSだったのは間違いありません。当時、繰り返し見まくっていた事は覚えています。
アンギラスが味方でしたね、確か(笑)。
多分ガイガンのフォルムが当時の私にはたまらなかったんでしょうね。それからVHSで前作見ましたね、確か。何故かキングコング対コジラだけかなり記憶から消えかかっていますが・・・・・・。・・・・・・・見たっけ?

92年に公開されたゴジラvsモスラ辺りからは毎年、公開されたら映画館で見たような気がします。津波で流されて今は無き、『岡田劇場』ですね。おばあちゃん子だったので、いつも連れて行ってもらっていました。vsデストロイアとかその時は怖くて仕方なかったような気がします。

もちろん2000年以降のいわゆるミレゴジシリーズも見ています。ミレニアムは結構衝撃的なラストでしたよね?私も阿部寛みたくゴジラを目の前にして煙草に火をつけてみたいです。1999年といえば、丁度中学1年位で親が離婚直前で家庭崩壊しており、自分だけが絶対的な不幸人間だと思い込んでいたので、ゴジラが街をぶっ壊しながら終わるラストは『こうなればいいのに』という感想を持ったような気がします(笑)。今思うとこの頃から退廃的な物語が好きになったのかもしれません。

まぁミレゴジシリーズ以降になると、私も思春期も終わって少し大人になっていたので、若干惰性で見ていた感があります。
FINALWARSには思い入れたっぷりのガイガンが出てきたので凄く楽しめてサイコー・・・・・・・なわけねーだろ!聳え立つクソじゃボケ!
とはいえ、当時はK1も大好きだったので、K1選手たちがゲスト出演していたのは良かったですね。レイ・セフォーとか出てましたよね、南海の黒豹。


おっと、そういえばシン・ゴジラの感想でしたね。ついつい昔のゴジラを思い出して熱くなってしまいました。

とにかく元々ゴジラが好きなんです。
そしてエヴァも大好きなんです。

エヴァをちゃんと見たのは高校の頃で・・・・って、これじゃいつまでたってもシン・ゴジラの話が出来ないので割愛します。

以下シン・ゴジラのネタバレを含みます。






結論から言うと、

シン・ゴジラ最高

ってやつでした。7回くらい見ちゃった。第2形態のクッソキモイフォルムとか最高。『あっ、こいつ目合わせちゃダメだ』って本能的に思いました。一番好きなシーンはゴジラが蒼い炎を吐きながら東京をぶっ壊す夜のシーンです。首相たちが乗ってるヘリがぶっ壊された所は震えましたね。

スーパーXとかのファンタジーな兵器ではなく、正に今の、2016年の日本が持てる技術のみでゴジラに対抗するのも良かったですね。本当に『現実対虚構』を完璧に表現してくれていたと思います。
日本の政治のあり方や良い点悪い点もしっかり出ていましたね。何でも本当にゴジラが現れたらどうするのか現役の政治家にインタビューしたらしいので、妙にリアルな展開でした。ちょっと大震災時の政党を揶揄している感じもあったと思います。
矢口蘭堂と赤坂さんの真逆な姿勢。夢追い風の矢口と現実的な考え方をする赤坂という対極的な図式の中で、最終的には矢口の賭けに等しいプランが成功していましたが、現実でゴジラが現れたら私も現実的な赤坂の考え方を指示してしまうかも知れません・・・。

ゴジラに関しても、完全に人間の味方じゃない、話の通じない、ひたすらに恐い存在として描かれていたのも良かったと思います。今までのゴジラシリーズだと、特定の人間と心通じ合わせたりする場面もあったんですが、シン・ゴジラだけは絶対分かり合えないタイプのゴジラでした。やべーよアイツ、平気で人とか刺せるやつだよ。


とにかくここ数年観た映画の中で一番面白かったですね。

ストーリーも然ることながら、やっぱり登場人物のキャラクター性が抜群でしたね。有能まみれでしたが、尾頭ヒロミさんのセリフ回しとか一生頭に残る喋り方ですね。あれって『世にも奇妙なものがたり』の『恐竜はどこへ行ったのか』に出てくる佐野史郎があんな感じで喋ってましたね。
泉さんも有能すぎて震えました。カッコよかった。
石原さとみの喋り方は一時期仲間内で空前絶後のブームを巻き起こしました。
主役を努めた長谷川博己は、私の中で「地獄でなぜ悪いに出てた狂気的な映画監督」というイメージが根付いてていた為、あんな有能な政治家役で出られると戸惑いますね。

最後ポンプ車をゴジラの口に突っ込んで凍結材を投入していましたね。ポンプ車は建設関係の仕事をしている私にとって馴染みの車両なので、ちょっと感動。第一部隊を容赦なくゴジラが吹き飛ばすシーンも震えましたね。

ラストは諸説あるけど、私の中では「自己増殖する寸前のゴジラ(ゴジラの本当の第一形態は人(牧教授)の形)」という事で結論づける事にしました。

とにかくシン・ゴジラは最高でした。
ただ一回だけ4Dで見ましたが、別に4Dで観るようなものではなかったですね(笑)

はぁ、もう映画館でみれないのが残念です。
あ、そうそう、シン・ゴジラは特に映画館向けの映画だと思います。
家でブルーレイとかで見ても迫力は半減どころか7割くらい減しちゃうかも。

シアタールームでも作ろうかしら・・・。

何度も言いますが、シン・ゴジラ最高です。絶対見て損は無いと思います。


え、海外では不評?

いや、そりゃそーだろ(笑)。って話です。




今年は個人的に良い映画が多い。

映画の感想戦を誰かとしたいんだが、あんまりそういう話をする友達がいないので、ここに書こうと思う。

ちなみに今書こうと思っているのは、「貞子VS伽椰子」「シン・ゴジラ」「君の名は。」など。

時間があれば昔の映画とか見て欲しい映画とかを書きたい。


映画の他には漫画や小説などの感想書いていければ、生存報告以外にもブログを書く理由が出来ると思う。


ちなみに映画マニアでもないし、読書家というほどでもないので正直あんまり期待しないで欲しい。


そのうち

このページのトップヘ