メローの生存報告

タグ:旅行

DSC_0346

5月1日から2泊3日の青森ー盛岡の旅路を記していきます。
まず今回の旅路は一人ではありませんでした。
親友と二人での気まま旅になります。

5月1日 13:00
遅めの出発で石巻を発ちます。この日はとにかく青森にさえ入れれば良いという寛大な(?)気持ちでの余裕を持った出発になりました。

ルート的にはまず一関に向かいそのまま岩手を縦にぶっちぎり、青森に突入するという至ってシンプルなルートです。
1

改めてご紹介預かりますのは、今回の同伴者、友人Y氏です。

今回はY氏に車を出してもらうので、僕は助手席でバンバン写真を撮れるって寸法です。

DSC_0022

DSC_0023

道中、目に飛び込んできた大きな山、「岩手山」です。本当に引くぐらい大きいです。こんな大きな山を見たのは人生で初めてです。

4時間半位走り続け、いよいよ青森に突入です。人生初青森。ここでY氏よりご提案「十和田湖を見たい」との事。

行き先を十和田湖に定め、車を走らせます。
そしたら途中でこんなものが・・・・・・。
DSC_0055

DSC_0059


そう何を隠そうあのイエス・キリストの墓があるではありませんか。キリストって青森に住んでたんですね。ビックリです。

DSC_0072

青森県内ではかなりの数の風車が見受けられました。
こういう無機質な巨大建造物は少し恐いです。風車恐怖症かもしれないと思った30歳のGW。


そんな事より十和田湖が遠い遠い(笑)
さらに数時間車を走らせ途中何故か秋田にINしながら十和田湖に到着した頃には、太陽も沈みかけな時間になりました。

DSC_0095

DSC_0097

DSC_0121

で、十和田湖。でっかい。こんなに大きいとは思っていなかったのでかなりビビりました。
「あれ?なんか港にでちゃったけど、どういう事?・・・・・・え、湖?」ってなりました。見に来て良かったです。かなり印象に残る大きさでした。

暗くなってきたので、青森八戸駅近くの東横INを宿に決め、向かいます。

失礼ながら八戸駅周辺は思ったより栄えておらず、結局ホテル横にある居酒屋で酒と肴を頂く事に。
これが大当たり!凄く雰囲気も味も抜群なお店で地酒やお魚、お寿司までご堪能できました。本当に美味しかったです。この店の為に八戸に定期的に来ても良いと思った位!

幸せほろ酔いでその日は就寝。

一日目の旅路は終了です。


5月2日
さあ、いよいよ恐山に向かいます。
DSC_0135

青森は自然に満ちていますね。
のどかな道のりを2時間半ほど走り霊場恐山に突入後、まず目に入ったのがコチラ。
DSC_0150

渡ったらアレしてしまうという三途の川ですよ。
油断したら足首イカレてしまいそうな橋でした。
DSC_0146

そしてなんか妖怪的な鬼的な2体の銅像。
DSC_0159

その近くにある看板。といってもここに辿り着く大分前から圏外でしたけどね。


さぁ来ました。恐山です。
DSC_0164

ちなみに写真で伝わるか分かりませんが、とても良い天気でした。暑いくらいでしたね。

とりあえず丁度お昼の時間でしたので、境内にある食堂でお蕎麦を頂きました。
KIMG1053

味は、・・・まぁ、普通かな(笑)


いよいよ恐山見学開始。
DSC_0169

DSC_0171

DSC_0172

DSC_0176

DSC_0183

DSC_0188

DSC_0195

DSC_0201

DSC_0202

DSC_0209

DSC_0212

DSC_0222

DSC_0234

なんというか不思議な空間。
立ち並ぶ石の山。なるほどこれが所謂「賽の河原」ってやつですね。
DSC_0223

DSC_0235

DSC_0238

DSC_0242

DSC_0244


とても広く高低差があり、普段ではまず見れない景観を眺めなら、一山乗り越えたときに目に飛び込んでくるこの光景。この広さ。
DSC_0280

DSC_0252

DSC_0258

DSC_0260

時折硫化水素が吹き出しています。こんな硫化水素の水たまりのようなものも見られます。さすがに手を入れたりは憚られますが、多分深いです。

DSC_0263

DSC_0264

DSC_0287

DSC_0290

DSC_0298

DSC_0305

地獄のような景色を抜けると、今度は天国の様な光景が・・・・・・。大きな湖と砂浜で構成されたその名も「極楽浜」。とても日本とは思えないような不思議で広大な景色は、先ほどの地獄「賽の河原」よりもずっと恐い感じを覚えました。
DSC_0338

本当に鳥肌が立つ景観でした。

DSC_0346

ここで今日一番の「恐山っぽい一枚」が撮れました。
DSC_0345

これも。何故かちょっと暗みがかった一枚になりました。

DSC_0347

DSC_0349

DSC_0360

いやー、とにかく広かったです。2時間以上歩きましたね。
恐山は本当に素敵な、でも底抜けに不思議な空間でした。天国と地獄の両方が拝めるまさに霊場と呼ぶにふさわしい場所でした。世間とは隔絶されていたようでもありました。


時刻は15:00過ぎ。
八戸から恐山に向かう途中で偶然目に入った「ある場所」に向かう事に・・・。

3

2

DSC_0404

これです。ガンダムです。理容店の方が、趣味で作っているらしいです。撮影許可を貰い、募金箱に入金し撮影しました。
実は僕はあんまりガンダム知らないので、これらの機体の名前も分かりませんが、同行している友人が大好きなのでテンション上がりまくってました。
趣味も極めればこんな凄いモノ造りに達するのですね!

DSC_0410

夕焼けの岩手山。
このまま石巻まで帰ると夜0時を回りそうなので、岩手県盛岡駅前の東横INに宿泊。
盛岡駅前はかなり栄えてましたね。


翌日、ゆっくりと石巻まで帰り、この度の青森恐山を目指す旅は終わりました。
いつもの事ながら、全く予定を立てず行き当たりばったりな小旅行でしたが、キリストの墓に始まり十和田湖恐山、そしてガンダムなどかなりの撮れ高だったと思います。

この2日後にはまた友人達と山形の方に旅行に行きました。こちらの方もまた時間を作ってまとめたいので是非ご一読頂ければ幸いです。


長々とした文章をお読み頂き有難う御座いました。

死生観を見つめ直したいと思ったら、是非恐山に行ってください。絵に書いたような地獄と天国の風景が拝めます故・・・・・・。


青森恐山二人旅
ー終ー

DSC_0195


4/7 夜
本当なら19:00には家を出たかったのですが、思ったより仕事が遅くなってしまい、結局20:30頃の出発になってしまいました・・・(´Д⊂)

とりあえず日本海を目指し山形入り、22:30頃に天童入りちょっとだけゲームセンターを覗いてみる。その後は適当なビジネスホテルにin。近くの居酒屋でお酒を飲んでこの日は終了。
DSC_0003

DSC_0005

DSC_0007

DSC_0009



4/8
加茂水族館に行くべく鶴岡の方へ。これが思ったより時間がかかった。意外と広いぜ山形Σ(・ω・ノ)ノ
10:30に加茂水族館に到着。
DSC_0026

DSC_0025

クラゲ、綺麗でした。良い水族館だったと思います。着いた時間が丁度良かったらしく、クラゲの説明会やアシカショー、うみねこへの餌やりタイム等を観る事が出来ました(´∀`)

↓↓↓以下怒涛のクラゲ写真↓↓↓
DSC_0034

DSC_0036

DSC_0044

DSC_0047

DSC_0048

DSC_0054

DSC_0055

DSC_0064

DSC_0065

DSC_0067

DSC_0069

DSC_0071

DSC_0073

DSC_0075

DSC_0076

DSC_0077

DSC_0081

DSC_0083

DSC_0088

DSC_0089

DSC_0091

DSC_0092

DSC_0093

DSC_0099

DSC_0100

DSC_0109

DSC_0133

DSC_0138

DSC_0140

DSC_0145

DSC_0150

DSC_0154

DSC_0158

DSC_0161

DSC_0162

DSC_0163

DSC_0167

DSC_0173

DSC_0175

DSC_0176

DSC_0180

DSC_0189

DSC_0190

DSC_0194

DSC_0238

DSC_0239

DSC_0242

DSC_0243

DSC_0409


☆今旅行のベストショット
DSC_0195

一眼レフを買って、初めて「あ、良いかも」と思える写真が撮れました!

思えばアシカショーを見るのも初めてかも知れません。童心に帰って一人楽しんでました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
DSC_0250

DSC_0254

DSC_0263

DSC_0282

DSC_0301

DSC_0308

DSC_0324

DSC_0350

DSC_0394

DSC_0402


その後、新潟か秋田に行こうか考えたのですが、ちょっと移動距離が長すぎたので仙台に戻る事に。30年宮城に住んでますが、意外と宮城観光した事無いと気付き、翌日は宮城(仙台周辺)を廻ってみようかと。

という訳で、日本海から山形横断しました。
まだまだ山形は雪が残っていました。絶景です。
DSC_0420
DSC_0422
DSC_0428
DSC_0438

たまたま寄った場所でこんな良い眺めを観れるなんて運が良いですね。

・・・ん、何かあるぞ?
DSC_0417

何じゃこれ(((( ;゚д゚)))
でも賽銭箱の様なものが置いてあるので多分祀られているものなんでしょう。
生殖器崇拝というのもそこまで珍しい事では無いでしょうから。

最初は全然気にしてなかったんですが、ふと右の像が目に入ったんですよ。「うわ、なんかマン○に見える(笑)」とか思って近づいたら、横にチンコもありました(*´ -`)(´- `*)

後々調べたら湯殿山にそういった由緒正しい神社があるみたいですね。


その後寒河江PAで昼食を取りながら山形を横断。
PM2:30頃には仙台に到着。さすがに早いな、まだ移動出来るな、と思い、再び旅路再考。そして一関は中尊寺を目指すことに!

そこから1時間くらいのんびりドライブをし、岩手入り。
DSC_0444

DSC_0452

一関駅前まで移動し、ビジホにIN!
DSC_0457

一時間位一関駅周りを散歩し、駅前の居酒屋に。

すっかり一人で居酒屋に入るのに慣れてしまいましたΣ(=゚ω゚=;)

4/9
朝食後、平泉中尊寺にGO!

多分初めて来ました。
開幕からまさかの足をぶっ壊しに来るロングな坂道(; ̄Д ̄)
DSC_0462


こんなに高い所にあります!
DSC_0472

DSC_0474


結構見て回る所がありましたね。じっくり見たら3、4時間は掛かるかもしれません。
DSC_0492

DSC_0494

DSC_0503


国宝が展示されていたのですが、こういったものの歴史的背景を考えると、なんか素敵な気持ちになりますね。
展示場内はもちろん撮影禁止なので、是非その目でご確認ください!

中尊寺最奥にあるこのレストランで景色を見ながら昼食。
DSC_0526

DSC_0523


続いては近くの毛越寺を見学。湖の様な池を擁する広い庭園をお散歩。
DSC_0530

DSC_0532

DSC_0538

DSC_0551

DSC_0553

DSC_0610


平泉は花粉が凄く若干死にそうになりましたが、癒される風景がたくさんで旅の疲れが消えちゃいました。

PM3:00位に帰路に付き、2時間ほどで家に到着(`・ω・´)

金曜日の夜に出発し、前のりする事によって2連休でもこれだけの広範囲を移動・観光できます。泊まる場所は適当に空いてるビジホですが、一人旅なんで何の文句もありません。ビジホのバイキング朝食も大好きだし(*´∇`*)


これにて宮城→山形→宮城→岩手→宮城と県を跨ぎまくった加茂ー一関一人旅も終了。今回の一人旅も成功ですね!トータル10時間位車の運転をしましたが、車の運転何時間しても平気・疲れない人間なので、そこが何よりの強みですね。

次の一人旅は新車が来たらですね。

ご一読有難う御座いましたヾ(´ω`=´ω`)ノ



☆今回の一人旅で思った事
もちろん一人旅は気楽だし、好きなように行動出来る良さも十分に分かっているのですが、さすがに一人でアシカショーを見学するのはキツかったですね(笑)
だって小太りで髪長くてメガネかけて30歳独身の大してお洒落でもない奴が一人でカメラぶら下げてたら、もう文句なしの犯罪者にしか見えないじゃないですか・・・。周りは親子連れかカップルしか居ないですよ・・・。
中尊寺等の寺院系だったらそんな風貌のやつがいてもそこまで違和感は無いでしょうが。

☆新アイテム
キャリーケース。
最強。
これくらいの大きさで2泊3日くらいの荷物なら全部入る。これとウエストポーチ的なもの持ってけば無敵。

☆一眼要素
前回に比べると、ほんの少しですが、上手く写真が撮れてるような気がします。単純にクラゲそのものが綺麗なのかも知れませんが・・・。

☆今後
次の車での一人旅は新車が来てからにしたいので、新幹線で行ける所、東京とか攻めれれば良いですね。
GWは友人と青森恐山辺りに行くかも知れません。

今週の土曜日は休みなので、再び一人旅に行く予定。
二人旅になるかも知れないが、遠出は確定。

今回は青森の恐山、または新潟方面に行きたいと思っている。

昨日、旅支度として小型キャリーケースを買ってきた。あれは便利やで。


今の所の予定としては、今週末、ゴールデンウィークの旅は確定。

6月は出来れば東京行きたい。

7月は新車納車予定なので、栃木辺りまで行きたい。


東京は単純に観光するか一人ディズニーランドなんてチャレンジしても良いかなと思う。


お盆休みは広島ワンチャン。


今年は行動起こしていくぜ。

金曜日の夜に出発。

2時間で郡山市に到着し、その夜はインター近くのルートインに飛び込み。普段ビジネスホテル泊まらないので知らなかったのですが、予約もせずにこんな簡単に泊まれるんですね。
DSC_0024

KIMG1002

本当なら何処か居酒屋辺りで飲みたかったのですが、23時も過ぎていた為、結局サイゼイヤでピザとワインを食しすぐにホテルに戻り寝ました。

朝食はホテルのバイキング。
KIMG1003

ソーセージとスクランブルエッグがあってもう最高。こういうバイキングほんと良いですね。この日はアクアマリンふくしまに行こうと思い、いわき市に向かいました。
午前中はアクアマリンを見学。
DSC_0028

DSC_0044

DSC_0073

DSC_0090

DSC_0116

魚の写真、難しいですね。全然上手く撮れません・・・。これならスマホで撮影しても変わりませんね・・・。

DSC_0124

ウツボ?がゴジラ(第2形態)にクリソツでした。

アクアマリンふくしま自体は、うーん、そうですね。どうしても美ら海水族館とかに行ったことあると、ちょっと物足りないですね。
DSC_0142

ここら辺は夏に来た方が良いのかな?

昼ごはんはすぐ近くの食堂で天丼を食しました。海の目の前なだけに美味しいです。
KIMG1005


午後は車を3分ほど走らせた所にある三崎公園、いわきマリンタワーで風景をパシャリ。
DSC_0152
DSC_0155

DSC_0189

DSC_0190

DSC_0195


うーん、風景も難しい・・・。当たり前ですが、一眼レフで撮れば誰でも良い写真が撮れるという訳では無いですね・・・。

DSC_0219


面白い張り紙ですね!


この後どうするか悩んだのですが、吾妻小富士が見たい!と思い移動。

土屋温泉の近くらしいので、21時を回っていたのですが、飛び込みで旅館泊まったろ!と思い温泉街に行ったのですが、どう考えてもそんな飛び込みで泊まれる雰囲気では無かったので、風景だけ撮って福島駅の方に戻りました。
DSC_0232

DSC_0233



駅近くの東横インに突入。
福島駅の近くは都会でしたね。

ホテルに荷物を置いて、待望の飲み屋にGO!
KIMG1007

ハイボールで喉を鳴らした後、「あぶくま」と「大和屋善内」という地酒をクイッ。どちらも飲みやすく美味。
他にも何か飲んだような気がしますけど、覚えてません・・・。

色々行こうとしたのですが、長居してしまったのでホテルに戻り爆睡しました。

翌日、吾妻小富士の場所をよく調べたら、高湯温泉を抜け磐梯吾妻スカイラインを通るようなので、高湯温泉に向かいました。近くに行くと「磐梯吾妻スカイライン冬季通行止め」なる不穏な看板がチラホラ・・・。
写真を撮り忘れましたが、磐梯吾妻スカイラインはカラーコーンでしっかりと通行止めされていました・・・。

高湯温泉街に戻り、一昨年泊まった事がある旅館の人に吾妻小富士の行き方を聞くと、磐梯吾妻スカイライン以外の行き方は無いとの事・・・。ガッカリしてしまいましたが、せっかくなので日帰り温泉に浸かり、帰路に向かう事にしました。

帰り道は飯坂温泉街をチラ見しながら高速に乗り、菅生SAで昼食を撮り、地元の電器屋でカメラを入れるバッグ等を物色し、夕方には家に戻りました。


吾妻小富士は残念でしたが、初一人旅としては凄く充実したものになりました。
ノープランにはノープランなりの楽しみがありますね。

短い旅で得た教訓。

1:車で行くなら、クレカ1枚持ってりゃ成立する。
結局車があるわけですから、最悪寝泊りも出来るし大体の物は現地調達しようと思えば可能なので、マジでクレカ1枚持ってればいつでもどこでも行けますね。

2:リュック最強
やっぱり両手が空くリュックを背負って散策するのが楽でしたね。カメラ構えるならなおさら。

3:降りるインターさえ把握
大体の目的地を定めたら、降りるインターさえ調べておけば道に迷うことはないです。というのも現在車のカーナビが死んでました(笑)ので、るるぶとかについてくる地図を見ながら移動していました。その際見るのは、降りるインターの名前でしたね。このご時勢、下道は看板頼りで大体行けます。

4:状況に合わせたカメラの腕が必要
努力します・・・。撮った写真を昨日現像して見たのですが、一眼レフで撮った感がある写真は0でしたね・・・。これならスマホで撮っても変わらないなと思いました。もっと勉強して良い写真が撮れる様になりたいです。
夜の体育館で友達を撮った写真や、休憩したPAで車を撮った写真なんかは割と良い感じだったような気がします。上に貼ってありますが、昼間の風景写真や魚の写真は難しいですね。知識が全く足りてないです。
でも将来見返した時に、いい思い出になってくれると思うので、やっぱり一眼レフに手を出して良かったと思いたいです。


次は何処に行くかって事なんですが、個人的に行きたいのは青森・恐山や日本海の方ですね。
あとは車移動ではなく新幹線等を使って東京とかにも行きたいです。実は人生であんまり東京行った事無いんですよね。新幹線を自分で手配した事とかもないので、そこら辺も経験したいです。車に頼り切った人生を送ってきたので少し怖いですが(笑)

とにもかくにも想像よりもずっと充実した一人旅でした。やっぱり金曜日の夜に出発したのが良かったですね。
これからも月1ペース位でこういう旅をしていきたいです。そしていつか納得のいく一枚が撮れるよう、カメラを勉強していきたいです。


了。

明日明後日、仕事が休みになったので、買ったばかりの一眼レフを担いで何処かに行こうかと思います。

予定では日本海側へ行きたかったのですが、天気を見る感じ雪が積もってそうな感じ。

そうなると青森の方か、福島の方へ南下する可能性もあります。

今日の夜出発して明日朝、何処かに到着、その近辺のビジホ探して宿泊し、日曜日に帰ってこようかな、と。


今年はこんな感じで一人旅を何回かしたいと思う。


こんな行動を起こすのは10年振りくらいなので、楽しみ。

最終日

万座毛→沖縄ワールド→那覇空港でした。

今思うと、10年前に来たときは開幕沖縄ワールドに行ったような気がします。
最終日はコースが完全に変わったのか、前日までと打って変わって中国人(というか自分達以外の観光客)が少なかったですね。月曜日だからかな?

万座毛はそうですね、万座毛でしたね。ええ。

沖縄ワールドは是非再来したかったんですよ、蛇と写真取る為に。
10年前も蛇巻いて写真撮りましたよ。爬虫類好きなんですよ。

ちなみに蛇は10年の間に代替わりしたらしいです。少し残念。

その後はエイサーショー見てお買い物。エイサーショーの女の子が可愛かったです。会社の独身男子達は虜になってましたね。


これ以上ないくらいお土産買って那覇空港からさよなら沖縄。


非常に寂しい気持ちで返ってきました。


で、次の日から仕事!


死ねってか!無理だろ、そんなの!

土曜日まで沖縄ロスを味わいながら仕事して、一気に現実に叩き起されました。


はぁ、必ずいつかもう一度沖縄行きたいですね。

今までも、金沢や京都大阪、四国、東北各県など行きましたが、やっぱり沖縄は別格ですね。初沖縄だった会社の人も何か人生観変えられた感じになってる人もチラホラ。分かる、分かるよその気持ち。


結構ハードスケジュールだったんですが、国際通りはもっと見学したかったし、海ももっと泳ぎたかったですね。

何だかやり残した事が一杯あるような気持ち。
やっぱりもう一回行かなきゃダメですね、うん。


ちなみに10万円近くお土産買いました。


旅先での写真なんかはいつかまとめたいと思います。



なんだかんだ楽しかったです!沖縄最高!はいさーーい!




美ら海水族館ですよ。

生のジンベイザメリーチが見れますね。素晴らしいです。


そういえば、今回の沖縄旅行ではちょっとタイミングが悪かったらしいのです。というのも、何か中国とか台湾からの観光フェリーが来ていたらしく、1億人くらい中国人?がいました。

国際通りのドンキホーテとか凄かったですよ。富裕層が爆買いしてました。ちょっと感動しました。


観光コースも被っていたのか、首里城も美ら海水族館も中国人台湾人がいっぱいいました。

美ら海とか凄かったですよ、魚より中国人の方が多かったですよ。


ジンベイザメ3匹もいたんですね。10年前はどうだったかな?


イルカショーも鉄板で面白かったです。頭いいですね、イルカ。多分うちの会社の作業員達より頭良いですよ。


夕方からはリゾートホテルのプライベートビーチで遊泳しました。海で泳ぐのなんて何年ぶりでしょうか。疲れますね。珊瑚で足の裏痛かったです。でも楽しかったなー、海。
水着のGALをガン見し続ける人生を送りたいなと思いました。

終始彼女を抱っこしながら遊泳してるカップルとかいましたね。半年後には別れてるでしょうよ。そんなもんですよ、愛なんて。


夜は宴会。
宴会といってもホテルなのでお上品な感じでした。正直やっぱり料理は口に合わないものが多いですね。
その後は泡盛がぶ飲みしながら、コンパニオンさん達とカラオケでした。沖縄ゆかりの歌ばっかり皆歌ってましたね。旅の空気がそうさせましたね。僕もオレンジレンジとか歌いました。


泳ぎ疲れて、夜はぐっすりでした。



さぁ最終日、夢の時間も終わりが近づいてきました。




続く

1日目の夜は前回書いた通りステーキ屋だったんですよ。

なんでも沖縄だと飲んだ後の〆はラーメンではなくステーキを食べるらしいですね。通りでステーキ屋が多かった。

皆とステーキ食べた後は、自由行動でソープに行き、その後小腹が空いたのでまた別のステーキ屋に行ってきました。

ステーキ→女→ステーキ。これですわ。絵に書いたような酒池肉林ですわ。


2日目は首里城→美ら海水族館→リゾートホテル的な所のプライベートビーチ的な所で泳ぐ→宴会


こんな感じでした。

首里城と美ら海水族館はやっぱり間違いないっすね。個人的には首里城はたまらないです。独自の王朝が栄えてた証とか完全に異国文化ですね。ホント素晴らしい建造物です。

そういえば首里城のお土産屋で買い物した際、おつりで2千円札を渡されました。
ファイル的なものに入れて一生取っておきたいです。CR沖縄海物語4のサンドにぶち込んでやろうかと一瞬思いましたが、なんかバチが当たりそうなのでやっぱり止めときます。


続く

社員旅行で沖縄に行ってまいりました。

沖縄は10年ぶり2回目の訪問になります。
本当に凄く良い所ですね。10年前に行った時も凄く感銘を受けて「いつか永住したい!」と思ったほどでした。
そして10年ぶりの今回も全く同じこと思いました。それくらい素晴らしい土地だと思います。

出発は遅めの直通便で行き、琉球ガラス村を見学した後ホテルにGO。夕食はステーキを食べ、その後は自由時間という1日目のプランでした。

ステーキは目の前でシェフが焼いてくれるというシステム。ここでちょっとした失敗をする我ら。というのも、肉→野菜→エビを順次焼き、皿に乗せていってくれるのですが、多分本当は全部焼き終わり皿に乗せてもらってから食べるのが正解だったのでしょう。だって最後にライスが出てきたんですもの。
そうとは知らず置かれた肉、野菜をすぐに食べてしまった為、ライスが出た時にはおかず0になってました。目の前で東南アジア系のバイト君が鉄板を清掃するのを見ながら、白飯だけを食べました。絶対間違ってたでしょ。


そして待望・唯一の自由時間。
個人で探索する人、キャバクラに行く部隊、ソープに行く部隊に分かれました。私は後輩(童貞?)をソープに連れて行く約束をしていたので、ソープ部隊のTAXYに乗りました。まあそんな約束してなくてもソープに行っていたでしょうけど。

10年前に行ったソープがあったので、そこを攻めようかとも考えたのですが、タクシーの運転手さんがオススメがあるというので、そちらの店に行きました。一応老舗らしかったです。
さすがに店の名前等は出せませんが、1時間22000円の所です。まあ料金は普通ですね。変に安い所とか行きたくないので構いませんが。

結果楽しかったですね。安定でした。やっぱりソープが№1!

女の子が『おちんちん君は生とゴムどっちがイイのかな?^^』という究極の選択を迫ってきましたね。
そりゃおちんちん君は生ですよね。失うものなんて何も無いんだから。

急にブログの更新が止まったら性病で死んだと思ってください。


続く

このページのトップヘ