一人旅

一人旅 栃木・福島

遅くなりましたが、3月末に行ってきた栃木と福島の一人旅記です。
例のごとく金曜の夜に出発し、南下して栃木を目指します。

国見PAでコーヒーと軽食を補充。
DSC_1049

高速道路を走ること3時間位、栃木の上河内SAに到着。明日に備えてここで寝る事にしました。
DSC_1057

美味いぞー。夜23時にSAで食べるラーメンは美味いぞー。
DSC_1051

朝を迎え、向かうは大谷寺!
ちょっと朝早く来すぎたらしく、まだ寺開かないから周りを見学してきなさいとの事。
DSC_1093

DSC_1092

「後ろに平和観音の見えるでしょ?先にあっち見学して来たらいいよ。」とお寺のナイスミドルに言われ振り返ると、確かに後頭部が見える。
DSC_1095

徒歩2分くらいの場所に建立されている平和観音!
DSC_1120

DSC_1121

DSC_1125

平和観音を上から下から見学し、丁度時間になったので大谷寺へ。
DSC_1132

DSC_1133

DSC_1134

・・・凄くね?今にも崩れてきそうな岩場の真下にお寺があります。人によっては恐怖を感じるかもしれない景観。これは一見の価値ありです!
住職さんに紹介を受け、館内にある石仏を見学。
撮影禁止なので写真はないですが、凄く神々しく素晴らしい石仏がありました。居合わせた一同が「おぉっ・・・!」とざわついた程でした。
DSC_1140

DSC_1145

一通り大谷寺を見学し終え、次のスポットに移動することにしました。
大谷寺はインパクト強い境内と祀られている日本最古の石仏は是非とも一度は見ておくべき代物かと!

続いてやってきたのは、大谷資料館!
ここはよく映画の撮影等で使われている幻想的な地下空間。有名な観光スポットですね。
DSC_1163

DSC_1186

DSC_1187

DSC_1218

DSC_1219

DSC_1238

DSC_1251

広い。思ってたよりずっと広い。
天井も超高い。遺跡の中を旅している様な感覚になれます。どういう映画の撮影に使われたかなどの紹介がありました。

一通り見て戻ろうとしたら、「デジタル掛け軸」展示会なるものを催していたので入場してみる事に。
DSC_1262

こんな感じで地底の壁がライトで様々な模様に彩られていました。
DSC_1263

いろいろな模様に変化していきます。
DSC_1267

DSC_1268

DSC_1275

DSC_1276

DSC_1278

DSC_1280

DSC_1281

DSC_1293

DSC_1296

DSC_1297

DSC_1303

DSC_1311

綺麗でしょう。次々と模様が変わっていくのでずっと見てられます。幻想的とは正にこの事。
かなりの時間を使って見学してしまいました。
DSC_1321

DSC_1325

幻想的で神々しかった大谷地区に別れを告げ、次なる目的地に移動です。

やってきました足尾銅山。
400年前から近代に至るまで栄え、そして昭和の後半に閉山となった銅山で、一時は公害等でも有名になったそうです。現在は観光地となっている様で。
DSC_1326

DSC_1336

トロッコに乗って坑内へと移動し、銅山の歴史を辿りながら地上に歩いてくるという形になります。
DSC_1340

DSC_1341

DSC_1344

坑内には至る所にこういった人型模型が展示されており、地上に近づくにつれ近代的になってきます。最初はひたすら人力による仕事。
DSC_1348

DSC_1358

DSC_1361

近代的な機械の導入。
DSC_1362

かなり今風になる工夫さん。
DSC_1372

DSC_1380

DSC_1396

DSC_1418

こちらが入坑する時に乗ったトロッコ。トロッコ?
DSC_1426

銅山の歴史を学びました。一つの産業の栄枯盛衰を体験出来る感慨深い観光スポットでした。


まだまだ行くぜ。続いてのスポットはこちら。
栃木といえばここ。日光江戸ワンダーランドこと日光江戸村です。
DSC_1434

DSC_1437

DSC_1441

DSC_1442

DSC_1444

DSC_1446

DSC_1451

DSC_1453

DSC_1454

DSC_1458

DSC_1462

DSC_1467

DSC_1468

ん?なんで写真が極端に少ないかって?
それはね、テンションが爆下げだったからよ。
いやー、だってさー、完全に間違った。どう考えてもおっさん一人でくる観光スポットじゃなかった!周りは全部家族連れ!それか外国の観光客!マジで一人で歩いてる日本人は俺一人だった!場内にある着替えコーナーも弓矢体験も手裏剣体験もちょっとした見世物も全部子供向けのものばかり。
さらに入場料4700円という、いやそれビジホに泊まれる金額ですやんな強気な値段設定。
さすがに一人旅慣れしてきた私もテンション上がらんて・・・。

いやこれは俺が悪い!一人で来た俺が悪い!江戸村は悪くない!異端は俺!江戸風に言えば曲者は俺!であえであえ!
皆さんは是非お子様連れでお越しください!楽しいはずです!

さて、そろそろ夕暮れの時間帯。今回の旅は車中泊で貫く予定だったのですが、どうしてもビジホの朝食が食べたい病が発症した為、ビジホに向かうことに。

さらにこの後向かおうとしてたのは、足利フラワーパークだったのですが、てっきり北の方にあるかと思いきや、思いっきり南の方に。ここから南下するのはちょっと辛いので、目的地を変更することに。

そういや鍾乳洞とか見てみたいな、という一人旅だからこそ許される唐突の方向転換で福島入り。新白河まで戻りビジホに飛び込む。
コンビニで酒とつまみを買い、ビジホでめちゃイケ最終回を見ながら晩酌という全人類が憧れる夜を過ごしました。

翌日。あぶくま洞に来たよ。
DSC_1490


ここの斜面はラベンダーで埋め尽くされており、斜面全体が一面紫に染まるという非常に綺麗な観光スポットになっております。
まぁseasonじゃないので、ラベンダーは一輪たりとも咲いてなかったけどな!!
次はラベンダーが見ごろの時にきて、対比を写真に納めてやるぜ。
DSC_1493

DSC_1500

DSC_1501

DSC_1505

そして鍾乳洞内へ。
DSC_1510

DSC_1518

DSC_1529

DSC_1545

途中、一般コースと冒険コースに分かれていたので、もちろん冒険コースに突入。
DSC_1550

これがまー狭い!っていうか低い!
恵体(デブ)な私は途中、マジで這って行かなきゃ通れないような狭さ。
頭もガンガンぶつけた!
DSC_1557

DSC_1575

DSC_1581

DSC_1595

DSC_1596


死ぬような思いで這いずり回りたどり着いた広い空間。
ここがホントに綺麗で幻想的で、見なきゃ損!な素敵な鍾乳洞空間でした!
DSC_1604

DSC_1610

DSC_1613

DSC_1633

DSC_1659

DSC_1689


ホントはもっともっと鍾乳洞の写真を撮ったのですが、これは実際に見てほしいので一部だけ載せておきます!何千万年という時をかけて創られる鍾乳洞という神秘的な空間は是非とも体験してほしいものです。

時間的に鍾乳洞を見終わったのがお昼過ぎくらいなのですが、ちょっと午後に用事があったので、この辺で今回の一人旅を終え、帰路につくことに。

☆まとめ
今回は大谷寺に始まり、大谷資料館、足尾銅山、日光江戸村、そしてあぶくま洞とかなり濃密にスポットを巡れたのではないでしょうか。江戸村以外は基本地底or洞窟の中にいるという異例の旅でした。久しぶりの一人旅でしたが、やっぱり心のリフレッシュが出来ますね。「観る」に重点をおいているので景色多めですが、次は何か「食べる」事を目的にしてピンポイントで旅に出ても良いかもしれません。
大型連休は避けて一人旅をしているので、せいぜい車で行けるのが東北から新潟や栃木辺りが限界ですね。なので新幹線で関東中心や、いよいよ飛行機での一人旅も視野に入ってきます。
いずれにしても楽しんで生きていきたい。

ちょっとバタバタしてまとめるのが遅くなったけど、以上が栃木小旅行の旅路になります。
御静聴ありがとうございました。



今年の一人旅第一弾は~

3月末の遠出が濃厚です。

とりあえず南下します。
日光東照宮辺り観に行きたいですね。
良ければ那須高原とかにも寄りたい感。ちなみに那須高原に何があるのかは知らん。

丁度SAKURAのSEASONなので、その辺も視野に。


仕事が忙しく前回から結構経ってしまいましたね。

ちなみに今回は、『一人だから出来る車中泊旅』にしたいと思います。なのでいつもより入念な準備が必要ですね。


車のタイヤ、どうしよう。今スタッドレスなんだけど、換えてから行こうか。まだ油断は禁物か?うーむ。

来月は一人旅!

来月の9日、10日にまたどこかブラリ旅!

お盆に行けなかった、栃木は日光辺りに行くのが有力候補!

まだ迷っているのですが、今回は「車中泊」旅をするかも。


まだまだ検討段階だけど、とりあえず日付は確定。

なんならもう1回新潟に行ってもいいんだよなー。前回は割高なシティホテルしか空いてなくて喰らわされたけど、ぶっちゃけそれ以外は100点でした、新潟。

一人旅 新潟~福島

DSC_0001

7月7日夜から7月9日にかけて行ってきた一人旅です。

7月7日夜 20:00
出発。
とりあえず福島方面に向かう。
2時間ほどかけて会津若松インターに降り立つ。
KIMG1125

宿探しをしている途中で見つけた喜多方ラーメンの店に入店。
美味しですね。

その後インター近くの快活クラブで一泊。ソフトクリーム食べ放題だった。感動。


7月8日
6時過ぎにはネカフェを出た後、そのまま会津若松インターに乗り新潟へ移動。巻潟東インターを降りて弥彦神社へ向かう。

まず宮城では見かけないコンビニ。
KIMG1127


8:30には弥彦神社に到着。
夜の内に会津まで移動したおかげでこの時間です。さっそく新潟観光開始です。
DSC_0013

DSC_0014

DSC_0024

DSC_0026

DSC_0028

DSC_0034

DSC_0035

DSC_0036


綺麗ですね。
朝早いおかげか、静かで厳かな雰囲気です。
新潟では初詣で大変人気の神社で、なんと毎年30万人も訪れるそうです。

ふと目に入った「重軽石」。何でも願い事を心の中で思いながら石を持ち上げ、軽く感じたら叶う、重く感じたら叶わない、らしいです。
DSC_0044

さっそく願い事を考えながら持ち上げてみました。


クッソ重い


え、何コレ。絶対軽いなんて感じる重さじゃないっすよ。マジで軽いって感じる人いるの、コレ?
2つ石があるのですが、どっちも超重かったです。
どうやら願いは叶わないらしいです。

ちなみに願いは「健康」と「結婚」です。
あっ・・・(察し)。


気を取り直して本堂を見学です。鳥居をくぐり門を抜けると綺麗な本堂が。
撮り損ねたけど、本堂内で巫女さん達が祈祷ナウでした。
DSC_0045

DSC_0046

DSC_0047

DSC_0050



その後宝物殿を見学。館内撮影禁止だったのでアレですが、リオレウスを狩れそうな超デカイ刀とか、デザインにステータス全振りしたかっこいい剣とかありました。
あと歴代の天皇の肖像画もありました。長い歴史の中には女性天皇も結構いらっしゃったのですね。
DSC_0064



当初は神社と大鳥居を観るだけの予定でしたが、せっかくなので弥彦山頂を目指して弥彦スカイラインをドライブ。まぁまぁの峠を攻めて山頂へ。
DSC_0068

DSC_0066

絶景ですが、佐渡島は見えず・・・残念。
とりあえずパノラマタワーなるものに乗りました。100mに及ぶタワーを展望室が360度回転しながら新潟中を眺められるんです!
高所恐怖症の人なら失神確実な高さ!

DSC_0116

DSC_0117

DSC_0143

DSC_0137


こんな高さまで登ります(笑)
ちなみに貸切でした(笑)
DSC_0079

DSC_0084

DSC_0085

続いてクライミングカーに乗り、山頂公園へ。
レストランやロープウェイ乗り場があります。
時期が合えば紫陽花が見頃との事。
DSC_0144

DSC_0148

DSC_0155

DSC_0159

DSC_0162

ソフトクリームを食べて、大鳥居に向かいます。
KIMG1147

デカイ!車と比較するとその大きさが分かるかと思います。
ただ弥彦神社からは結構離れた場所にありましたね。
DSC_0174

DSC_0177

この時点で11:50。弥彦神社は予想以上に見所満載でした。


ここからマリンピア日本海に向かいます。

その前に車洗いたいなーって。何せ高速使って1県跨いで来たので、数百匹という蚊を轢いてきているので、車の全面がとんでもない事になっていたんですね。せっかくの新車でし、人目の付くところに駐車するなら綺麗にしたいなー、と。どっかに洗車場でもないかなー、と。


ありました。
ものすごいおっきいのが・・・。

KIMG1150

KIMG1151

すごい。何コレ。ガソリンスタンドや洗車場やカーショップ、中古販売店等が巨大な敷地内に立ち並んでいました。その名も「イエスト」。
こんなの初めて見ました。
軽く洗車するつもりでしたが、せっかくなのでしっかり洗車。天気も良くて良かった。


予定外のガッツリ洗車で少し時間を取られたが、再びマリンピア日本海へ。

到着・・・した事はしたのですが混んでる・・・。駐車場に向かって長蛇の車の列が・・・。
悩みに悩んだ末、マリンピア日本海は諦めて新潟市内をドライブする事に。

せっかくなので近くのPAに車を停めて、徒歩でぶらぶら歩いてみた。
場所は本町という地域らしいです。古き良き感じが出てるアーケードをプラプラ歩きました。
全く知らない土地を歩くのもアリですね。ただただ歩くのが楽しくなって1時間以上ぶらぶらしました。
DSC_0183

DSC_0182

DSC_0184

DSC_0185

DSC_0186

DSC_0187

DSC_0188

若干道に迷いながら駐車場に戻りました。

なんだかんだで朝から結構歩きました。
ちょっと早いですが、新潟駅前辺りのビジホでも取ろうかな、と思い東横インに電話・・・するもなんと予約でいっぱい!その他数件のホテルに電話するも悉く満室!
結局何件目かのシティホテルが取れたのでそこに泊まる事に・・・。しかし一泊7000円+駐車場代1080円。駐車場コミで6000円切る東横イン等と比べるとちょっと痛い。

まぁそれでも新潟駅前を取れたので良しとして、ちょっと早いけどホテルにチェックインし、新潟駅前を散策する事に。


新潟駅。
KIMG1152

ここでちょっとある種今回の一人旅で一番の事件が・・・。

駅前でね、外国人さんが「スイマセン、スイマセン」って道行く人に声かけてたんですよ。
でもね、皆無視するの。ガン無視。

僕もね、一回素通りしたんですよ。何故なら地元の人間じゃないから。道とか聞かれても答えられないから。申し訳ないけど、聞かれても分からないからゴメンねー、って。素通りしちゃったの。

でも気になって少し離れたところから見てたら、皆素通りしてるの。目も合わせない、これぞガン無視。
おいおい、新潟の人らは冷たいのー、って。助けてあげれば良いじゃんって。
迷った結果戻ったの。オレが話聞いてやろーじゃないのって。そんで道案内頼まれたら、オレが道行く人つかまえて聞こうって。

外「ア、スイマセン」
私「どうかしました?」
外「アア、アリガトウゴザイマス!」
私「ん?道に迷ったの?」
外「アノ・・・、コレ・・・。」スッ



募金袋


私「えっ」
外「アリガトウ」スッ
私「あっ、あっ」
外「コレ」スッ

外国人さん、ここでトドメとなる「私達は恵まれない子供達に云々書いてある紙」を発動。

私「あっあっあっ」チャリーーン(500円玉を袋に投入)
外「アリガトウゴザイマス!」
私「あっあっ」(思考停止して立ち去ろうとする)
外「チョットマッテ!・・・アナタニ、イイコトガオキマス、ヨウニ」(祈りのポーズ)


都会はえれー恐ろしか場所ばい・・・・・・。
なるほどね。新潟の人は皆知ってたんですね。多分毎日の様にいるんでしょうね、この人。
だから皆スルーだったんですね。そりゃスルーするよね。冷たいとかいってすいませんでした。僕が無知で田舎者なだけでした。



新潟駅周りを2時間くらいグルグルして、夕食を食べる店探し。
良い感じの居酒屋が多いですのー。さすが酒と魚の町ですわ。ディスプレイだけでかなり唆る店ばっかり!

結局駅前付近の大きめの居酒屋「壱勢」に入店。
大きいカウンター席があり、一人で飲んでる人も多い!これは当たりなんじゃないかな!?
ここ最近、一人旅で東北中の居酒屋に一人で入ったおかげで、良い店に対するアンテナが開花してるかも知れません(笑)

まずはいつも通りハイボールで喉を鳴らし、ぶりの竜田揚げを頂く。うーーむ、さすがに美味い!その後焼き茄子や焼き鳥を食す。
KIMG1158

この辺で酔い始めて写真がないですが、「飲み比べセット」なるものを注文。そして舟盛り。
「〆張鶴」、「亀の王」、「緑川」という3種類の新潟の酒を舟盛りを肴にグイッ。酒も魚も美味しいです。さすが新潟。これは期待以上でした。

少し早いけど、昨日はネカフェ&今日結構歩いたということもあり、ホテルに戻る事に。
ビジホの部屋でのんびり地元のテレビ観るのもまた良いんですよ。

で、ホテルに戻ってなんとなくフロントの周りの掲示物を見てふと気付いた事が・・・。
あれ・・・、このホテル朝食付いてなくね・・・・・・。
フロントに確認すると、やっぱり朝食は付いてないとの事・・・。
マジか、朝食無しは痛い。朝食無しでこの値段は若干外れとしか言い様がない・・・・・・。
ビジホのバイキング大好きなんだけどなー。残念。

夜の新潟。
KIMG1159



7月9日
さて気を取り直して、翌日です。といってもこの日には宮城には戻らなくてはいけないので、戻りながらどっかに立ち寄ろうかと・・・。
初めての一人旅をした時に冬季通行止めで行けなかった吾妻小富士を観に行こう!と思い立ったわけです。
磐梯高原インターを降りて、高湯温泉を抜け磐梯吾妻スカイラインをドライビングし、3時間ほどかけて吾妻小富士・浄土平に到着です。
DSC_0199

DSC_0196


まず待ち構えるのは長く高い階段。
DSC_0317
ぜぃぜぃ言いながら登りきった先に見える風景がコチラ。
すげー。
火口ですよ火口。思ったよりずっとデカイっすね。
DSC_0220


・・・・・・さて、ここからどうするか、ですよ。
簡単に「良し!1周しよう!」って距離じゃないですよ。
しかも素足にクロックスっていう登山を舐めくさったスタイルで来てしまっていたんですよ。

反対側。見えます?めっちゃ小さく見えるのが人ですよ。しかもすっごい高い。
DSC_0219


・・・行くか。せっかくここまで来たことだし、覚悟を決めて1周しましょう。
歩き出します。おそらく4分の1位行った所で後悔するのが簡単に想像出来るけど・・・。
DSC_0221

少し歩いただけでここまで高い所にきました。さっき見た反対側にはこんな坂を上っていかなくてはいけません。かなりキツいです。昨日もかなり歩いていたので多分足ズル剥けの予感です。

火口。
DSC_0237

すっごーい。たっかーい。
DSC_0250

DSC_0256

DSC_0263


もう少しで一番高い所。
DSC_0262


雲が近い!
DSC_0267


ここからは下りです。
DSC_0278

DSC_0279


この落差ですよ。ホント油断したら転びそうな急斜面
DSC_0287


火口の外側。通ってきた磐梯吾妻スカイラインが見えますね。
DSC_0286

DSC_0292


足滑らせたら死ぬんじゃない?
DSC_0291

DSC_0290


半分下山。
DSC_0297

DSC_0293

DSC_0301

DSC_0303


ほぼ下山。もう足ボロボロです・・・。
DSC_0309

DSC_0314


1周するのに一時間掛かりました。でも歩いて良かった。
見応え抜群でしたね。
ここ数ヶ月、東北中のいろいろなところに行きましたが、自然が創り出す神秘的な景色はやっぱり心に訴えかけてくるものがありますね。

足ガクガクなりながらまた階段を降りて浄土平へ。
ソフトクリームを食べて英気を養う。

うーむ、疲れた。
この吾妻小富士。冬季は行けないので、是非このシーズンの遠出に行ってみては如何でしょうか。
割と本格的なトレッキングが楽しめると思うので、1周するなら最低限シューズは履いていった方が良いですよ。


歩きました。2日続けてかなり歩きました。この時点で午後1時。ここからどこかに寄るというのもアレなので、帰路に着くことに。

さすがに疲れてたんでしょうね。
菅生PAまで戻ってきた所で少し眠くなったので、2時間ほど仮眠。
こんな唐突な昼寝が可能なのも一人旅の良い所。


というわけで、今回の一人旅は弥彦神社→新潟散歩→吾妻小富士を巡る旅になりました。
いつもの事ながら大成功です。知らない場所に行くというのが大目的なので、多分大成功しかしないけどね、一人旅は。


☆今回の一人旅まとめ
・新潟割と都会だった。
・道行く女性が皆可愛かった。これはマジ。
・酒処ですね、流石。
・佐渡島も行ってみたいね、いつか。
・特に観光地じゃなくても、知らない土地をただ散歩するのは乙ですね。
・ホテルは朝食付きじゃないとテンションが下がる。
・外国人に気をつける。
・ハイブリッド車にして正解。
・不意のトレッキングもあるのでこれからはちゃんとした靴も持っていく。
・こんな感じ。細かいことはまた改めて書きます。



☆使ったお金まとめ
・東松島IC~会津若松IC ¥5440
・喜多方ラーメン ¥1038
・快活クラブ ¥1543
・会津若松IC~巻潟東IC ¥2160(早朝割引)
・弥彦神社宝物殿 ¥300
・弥彦山頂パノラマタワー ¥650
・同クライミングカー ¥380
・ビジホ ¥7000+¥1080(駐車場代)
・外国人に募金 ¥500
・居酒屋 ¥5896
・~磐梯IC ¥2220
・~東松島IC ¥2530

合計 ¥30737
・内高速代と宿泊費で¥20000以上使ってる。けど独身貴族の月1回行くか行かないかの趣味としては妥当な金額だと思う。


☆今回の走行距離
・新車のC-HR君との初めての旅、797km。


☆今後の一人旅
色々課題もあったのでまた改めて・・・・・・。


以上、長々とお付き合い頂き有難うございます。仕事が忙しく中々まとめられなかったのですが、稚拙な一人旅報告を読んでくださって本当に感謝です。これからも有意義な一人旅ライフを送りたいと思うので、気長にお付き合いくださると嬉しいです。


新潟ー福島一人旅
ー終ー





やっぱり一人旅は良い

いやー、ホント良い一人旅でした。

やっぱり良い。一人旅は本当に良い趣味を見つけたと思う。

初めて行く知らない土地で一人、目的地も決めず歩き回る。

良かった。

新潟、良い土地でした。吾妻小富士リベンジも出来たしね。


また写真等まとめて記事にしたいと思いますので、お待ちください!

今日出発

あっという間に出発の日になりましたね。
今日の仕事が終わったら出来るだけ早い内に出発です。


今回の一人旅は何処で幾ら位お金使ったかちゃんとメモって公開したいと思います。
2泊3日の一人旅でどれくらい使うのか。参考になればいいかなと思います。


では。

一人旅の計画

7月の15、16日位を考えてる。

目的地は新潟か栃木の方に行こうかな、と。
いずれにせよ福島経由ですね。
例の如く金曜の夜出発

プラン①
会津若松辺りに泊まる

新潟にある大きな鳥居を観る

日本海を眺めながら寝る

弾丸帰宅

プラン②
いわき市辺りに泊まる

那須高原&日光を巡る旅

宇都宮で餃子を食べながら寝る

弾丸帰宅


このどっちかで行きたいっすね。
とにかく新車で遠出がしたい。
お盆まで我慢出来ない!

現段階ではマジでどっちのプランで行くか絞れていないです。急遽秋田の男鹿水族館に行く可能性も無きにしもあらずですが、GW中に東北回ったので下に行きたいですね、流石に。

二人旅 青森・恐山

DSC_0346

5月1日から2泊3日の青森ー盛岡の旅路を記していきます。
まず今回の旅路は一人ではありませんでした。
親友と二人での気まま旅になります。

5月1日 13:00
遅めの出発で石巻を発ちます。この日はとにかく青森にさえ入れれば良いという寛大な(?)気持ちでの余裕を持った出発になりました。

ルート的にはまず一関に向かいそのまま岩手を縦にぶっちぎり、青森に突入するという至ってシンプルなルートです。
1

改めてご紹介預かりますのは、今回の同伴者、友人Y氏です。

今回はY氏に車を出してもらうので、僕は助手席でバンバン写真を撮れるって寸法です。

DSC_0022

DSC_0023

道中、目に飛び込んできた大きな山、「岩手山」です。本当に引くぐらい大きいです。こんな大きな山を見たのは人生で初めてです。

4時間半位走り続け、いよいよ青森に突入です。人生初青森。ここでY氏よりご提案「十和田湖を見たい」との事。

行き先を十和田湖に定め、車を走らせます。
そしたら途中でこんなものが・・・・・・。
DSC_0055

DSC_0059


そう何を隠そうあのイエス・キリストの墓があるではありませんか。キリストって青森に住んでたんですね。ビックリです。

DSC_0072

青森県内ではかなりの数の風車が見受けられました。
こういう無機質な巨大建造物は少し恐いです。風車恐怖症かもしれないと思った30歳のGW。


そんな事より十和田湖が遠い遠い(笑)
さらに数時間車を走らせ途中何故か秋田にINしながら十和田湖に到着した頃には、太陽も沈みかけな時間になりました。

DSC_0095

DSC_0097

DSC_0121

で、十和田湖。でっかい。こんなに大きいとは思っていなかったのでかなりビビりました。
「あれ?なんか港にでちゃったけど、どういう事?・・・・・・え、湖?」ってなりました。見に来て良かったです。かなり印象に残る大きさでした。

暗くなってきたので、青森八戸駅近くの東横INを宿に決め、向かいます。

失礼ながら八戸駅周辺は思ったより栄えておらず、結局ホテル横にある居酒屋で酒と肴を頂く事に。
これが大当たり!凄く雰囲気も味も抜群なお店で地酒やお魚、お寿司までご堪能できました。本当に美味しかったです。この店の為に八戸に定期的に来ても良いと思った位!

幸せほろ酔いでその日は就寝。

一日目の旅路は終了です。


5月2日
さあ、いよいよ恐山に向かいます。
DSC_0135

青森は自然に満ちていますね。
のどかな道のりを2時間半ほど走り霊場恐山に突入後、まず目に入ったのがコチラ。
DSC_0150

渡ったらアレしてしまうという三途の川ですよ。
油断したら足首イカレてしまいそうな橋でした。
DSC_0146

そしてなんか妖怪的な鬼的な2体の銅像。
DSC_0159

その近くにある看板。といってもここに辿り着く大分前から圏外でしたけどね。


さぁ来ました。恐山です。
DSC_0164

ちなみに写真で伝わるか分かりませんが、とても良い天気でした。暑いくらいでしたね。

とりあえず丁度お昼の時間でしたので、境内にある食堂でお蕎麦を頂きました。
KIMG1053

味は、・・・まぁ、普通かな(笑)


いよいよ恐山見学開始。
DSC_0169

DSC_0171

DSC_0172

DSC_0176

DSC_0183

DSC_0188

DSC_0195

DSC_0201

DSC_0202

DSC_0209

DSC_0212

DSC_0222

DSC_0234

なんというか不思議な空間。
立ち並ぶ石の山。なるほどこれが所謂「賽の河原」ってやつですね。
DSC_0223

DSC_0235

DSC_0238

DSC_0242

DSC_0244


とても広く高低差があり、普段ではまず見れない景観を眺めなら、一山乗り越えたときに目に飛び込んでくるこの光景。この広さ。
DSC_0280

DSC_0252

DSC_0258

DSC_0260

時折硫化水素が吹き出しています。こんな硫化水素の水たまりのようなものも見られます。さすがに手を入れたりは憚られますが、多分深いです。

DSC_0263

DSC_0264

DSC_0287

DSC_0290

DSC_0298

DSC_0305

地獄のような景色を抜けると、今度は天国の様な光景が・・・・・・。大きな湖と砂浜で構成されたその名も「極楽浜」。とても日本とは思えないような不思議で広大な景色は、先ほどの地獄「賽の河原」よりもずっと恐い感じを覚えました。
DSC_0338

本当に鳥肌が立つ景観でした。

DSC_0346

ここで今日一番の「恐山っぽい一枚」が撮れました。
DSC_0345

これも。何故かちょっと暗みがかった一枚になりました。

DSC_0347

DSC_0349

DSC_0360

いやー、とにかく広かったです。2時間以上歩きましたね。
恐山は本当に素敵な、でも底抜けに不思議な空間でした。天国と地獄の両方が拝めるまさに霊場と呼ぶにふさわしい場所でした。世間とは隔絶されていたようでもありました。


時刻は15:00過ぎ。
八戸から恐山に向かう途中で偶然目に入った「ある場所」に向かう事に・・・。

3

2

DSC_0404

これです。ガンダムです。理容店の方が、趣味で作っているらしいです。撮影許可を貰い、募金箱に入金し撮影しました。
実は僕はあんまりガンダム知らないので、これらの機体の名前も分かりませんが、同行している友人が大好きなのでテンション上がりまくってました。
趣味も極めればこんな凄いモノ造りに達するのですね!

DSC_0410

夕焼けの岩手山。
このまま石巻まで帰ると夜0時を回りそうなので、岩手県盛岡駅前の東横INに宿泊。
盛岡駅前はかなり栄えてましたね。


翌日、ゆっくりと石巻まで帰り、この度の青森恐山を目指す旅は終わりました。
いつもの事ながら、全く予定を立てず行き当たりばったりな小旅行でしたが、キリストの墓に始まり十和田湖恐山、そしてガンダムなどかなりの撮れ高だったと思います。

この2日後にはまた友人達と山形の方に旅行に行きました。こちらの方もまた時間を作ってまとめたいので是非ご一読頂ければ幸いです。


長々とした文章をお読み頂き有難う御座いました。

死生観を見つめ直したいと思ったら、是非恐山に行ってください。絵に書いたような地獄と天国の風景が拝めます故・・・・・・。


青森恐山二人旅
ー終ー

青森など

こんにちわ。
大体の方は今日からGWなのかな?

そんな中、実は先週の土曜日からGWが開始していた私は、青森旅行に行ってまいりました。ずっと行ってみたかった恐山を堪能してきました。

例のごとく時間が作れたときにまとめたいと思います。


明後日からは山形旅行に行く予定なので、その様子もまたまとめたいと思います。

一人旅 加茂水族館&中尊寺

DSC_0195


4/7 夜
本当なら19:00には家を出たかったのですが、思ったより仕事が遅くなってしまい、結局20:30頃の出発になってしまいました・・・(´Д⊂)

とりあえず日本海を目指し山形入り、22:30頃に天童入りちょっとだけゲームセンターを覗いてみる。その後は適当なビジネスホテルにin。近くの居酒屋でお酒を飲んでこの日は終了。
DSC_0003

DSC_0005

DSC_0007

DSC_0009



4/8
加茂水族館に行くべく鶴岡の方へ。これが思ったより時間がかかった。意外と広いぜ山形Σ(・ω・ノ)ノ
10:30に加茂水族館に到着。
DSC_0026

DSC_0025

クラゲ、綺麗でした。良い水族館だったと思います。着いた時間が丁度良かったらしく、クラゲの説明会やアシカショー、うみねこへの餌やりタイム等を観る事が出来ました(´∀`)

↓↓↓以下怒涛のクラゲ写真↓↓↓
DSC_0034

DSC_0036

DSC_0044

DSC_0047

DSC_0048

DSC_0054

DSC_0055

DSC_0064

DSC_0065

DSC_0067

DSC_0069

DSC_0071

DSC_0073

DSC_0075

DSC_0076

DSC_0077

DSC_0081

DSC_0083

DSC_0088

DSC_0089

DSC_0091

DSC_0092

DSC_0093

DSC_0099

DSC_0100

DSC_0109

DSC_0133

DSC_0138

DSC_0140

DSC_0145

DSC_0150

DSC_0154

DSC_0158

DSC_0161

DSC_0162

DSC_0163

DSC_0167

DSC_0173

DSC_0175

DSC_0176

DSC_0180

DSC_0189

DSC_0190

DSC_0194

DSC_0238

DSC_0239

DSC_0242

DSC_0243

DSC_0409


☆今旅行のベストショット
DSC_0195

一眼レフを買って、初めて「あ、良いかも」と思える写真が撮れました!

思えばアシカショーを見るのも初めてかも知れません。童心に帰って一人楽しんでました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
DSC_0250

DSC_0254

DSC_0263

DSC_0282

DSC_0301

DSC_0308

DSC_0324

DSC_0350

DSC_0394

DSC_0402


その後、新潟か秋田に行こうか考えたのですが、ちょっと移動距離が長すぎたので仙台に戻る事に。30年宮城に住んでますが、意外と宮城観光した事無いと気付き、翌日は宮城(仙台周辺)を廻ってみようかと。

という訳で、日本海から山形横断しました。
まだまだ山形は雪が残っていました。絶景です。
DSC_0420
DSC_0422
DSC_0428
DSC_0438

たまたま寄った場所でこんな良い眺めを観れるなんて運が良いですね。

・・・ん、何かあるぞ?
DSC_0417

何じゃこれ(((( ;゚д゚)))
でも賽銭箱の様なものが置いてあるので多分祀られているものなんでしょう。
生殖器崇拝というのもそこまで珍しい事では無いでしょうから。

最初は全然気にしてなかったんですが、ふと右の像が目に入ったんですよ。「うわ、なんかマン○に見える(笑)」とか思って近づいたら、横にチンコもありました(*´ -`)(´- `*)

後々調べたら湯殿山にそういった由緒正しい神社があるみたいですね。


その後寒河江PAで昼食を取りながら山形を横断。
PM2:30頃には仙台に到着。さすがに早いな、まだ移動出来るな、と思い、再び旅路再考。そして一関は中尊寺を目指すことに!

そこから1時間くらいのんびりドライブをし、岩手入り。
DSC_0444

DSC_0452

一関駅前まで移動し、ビジホにIN!
DSC_0457

一時間位一関駅周りを散歩し、駅前の居酒屋に。

すっかり一人で居酒屋に入るのに慣れてしまいましたΣ(=゚ω゚=;)

4/9
朝食後、平泉中尊寺にGO!

多分初めて来ました。
開幕からまさかの足をぶっ壊しに来るロングな坂道(; ̄Д ̄)
DSC_0462


こんなに高い所にあります!
DSC_0472

DSC_0474


結構見て回る所がありましたね。じっくり見たら3、4時間は掛かるかもしれません。
DSC_0492

DSC_0494

DSC_0503


国宝が展示されていたのですが、こういったものの歴史的背景を考えると、なんか素敵な気持ちになりますね。
展示場内はもちろん撮影禁止なので、是非その目でご確認ください!

中尊寺最奥にあるこのレストランで景色を見ながら昼食。
DSC_0526

DSC_0523


続いては近くの毛越寺を見学。湖の様な池を擁する広い庭園をお散歩。
DSC_0530

DSC_0532

DSC_0538

DSC_0551

DSC_0553

DSC_0610


平泉は花粉が凄く若干死にそうになりましたが、癒される風景がたくさんで旅の疲れが消えちゃいました。

PM3:00位に帰路に付き、2時間ほどで家に到着(`・ω・´)

金曜日の夜に出発し、前のりする事によって2連休でもこれだけの広範囲を移動・観光できます。泊まる場所は適当に空いてるビジホですが、一人旅なんで何の文句もありません。ビジホのバイキング朝食も大好きだし(*´∇`*)


これにて宮城→山形→宮城→岩手→宮城と県を跨ぎまくった加茂ー一関一人旅も終了。今回の一人旅も成功ですね!トータル10時間位車の運転をしましたが、車の運転何時間しても平気・疲れない人間なので、そこが何よりの強みですね。

次の一人旅は新車が来たらですね。

ご一読有難う御座いましたヾ(´ω`=´ω`)ノ



☆今回の一人旅で思った事
もちろん一人旅は気楽だし、好きなように行動出来る良さも十分に分かっているのですが、さすがに一人でアシカショーを見学するのはキツかったですね(笑)
だって小太りで髪長くてメガネかけて30歳独身の大してお洒落でもない奴が一人でカメラぶら下げてたら、もう文句なしの犯罪者にしか見えないじゃないですか・・・。周りは親子連れかカップルしか居ないですよ・・・。
中尊寺等の寺院系だったらそんな風貌のやつがいてもそこまで違和感は無いでしょうが。

☆新アイテム
キャリーケース。
最強。
これくらいの大きさで2泊3日くらいの荷物なら全部入る。これとウエストポーチ的なもの持ってけば無敵。

☆一眼要素
前回に比べると、ほんの少しですが、上手く写真が撮れてるような気がします。単純にクラゲそのものが綺麗なのかも知れませんが・・・。

☆今後
次の車での一人旅は新車が来てからにしたいので、新幹線で行ける所、東京とか攻めれれば良いですね。
GWは友人と青森恐山辺りに行くかも知れません。