ネタバレ注意


[エイリアン]シリーズの最新作であり、映画[プロメテウス]の続編になる[エイリアン コヴェナント]を観てきました。

前作は“人類”の創造主を、そして今作は“エイリアン”の創造主が語られる話でしたね。
エイリアンのフォルムがギラついててカッコよかったです。

まず大きな不満があるのですが、前作と今作の間に起きた事の説明が大雑把過ぎてアカンと思いました。
これは映画[バイオハザード]シリーズでも3以降毎回思っていたことなのですが、どう考えてもシリーズの間に起きた事の説明が少なすぎるんですよ。

100歩譲って感情の無いアンドロイドのはずのディヴィッドが知的好奇心爆発して生命体を作る事に没頭したっていうのは何となく分かるんです。でもそれって独りになって暇になってからの話なんじゃないの?何故エンジニア達を皆殺したのか。何故好意を抱いていたはずのエリザベスも実験台にしたのか?等々、ディヴィッド周りの事だけでも大分説明が端折られてる感が凄い。あと、エンジニア達って凄い技術を持ってるだろうに、ディヴィッドの病原菌奇襲であっさり絶滅かよっていう。

まぁそれはいずれ[プロメテウス1.5]辺りが発表される事を期待しよう。


いや面白かったですよ。未知の惑星に降り立って間もない内に、謎の胞子から立て続けに感染して信じられない速さでパニックが拡大していく様は想像もしたくない位の恐怖ですね。

からのディヴィッド登場。明らかな不穏感と「それ絶対作り話やんけ」なエリザベス事故死宣言。案の定やべー奴に変貌していたディヴィッドの暗躍。そして遂に完成する馴染みのエイリアン。ウォルターさん格好良い!からのエイリアンとの空中決戦。クレーンでエイリアンをぶん殴るのは、エイリアン2のラストでリプリーがロボットみたいなのに乗ってクイーンと戦った場面を思い出しましたね。
そして「こいつ絶対ディヴィッドやんけ」からの「やっぱりディヴィッドやんけ!」で絶望感を演出しながらのFINISH。
テンポ良く飽きずに観れる2時間でした。


だからこそ、なんですよ。良かったからこそ、[プロメテウス]と[コヴェナント]の間に何があったかをしっかりと説明して欲しかったです。
映画とかを観終わった後、モヤモヤする事ってあるじゃないですか。良いモヤモヤと悪いモヤモヤがあるとしたら、これは多分悪いモヤモヤなんですよ。せっかく面白いのに。前作[プロメテウス]で解明されなかったものが明かされるかと思いきや、謎がちょっと増えたっていう。

まぁでも「あの」エイリアンの誕生秘話は語られたと思います。まさかのアンドロイドが創造主だったとはね。


まぁ、そんな感じです。
シリーズものですからね、この作品だけでの感想ってのもあんまり湧いてこないもんですね。まだまだエイリアンシリーズは謎が多いですから、もっと続編出るっしょ。つーか、これからっしょ。(古い)