メローの生存報告

一眼レフ、一人旅、映画・小説感想、その他他愛もない日常の事を書きます。

今月は仕事が忙しい。

と、毎月言っている気がする。

家に帰るのは毎日10時過ぎ、先週の木曜日は現場事務所に泊まりでした。現場の終わりと新しい現場の始まりが重なってしまったので、新しい現場の管理をしつつ前の現場の検査書類を作っている状況。辛い。
でも同職の人らも多分同じ状況の人は多々いると思う。
震災復興とオリンピックで土木・建設工事は爆発的な特需を見せているが、作業員や工事数に対して圧倒的に管理者が少ないのである。

1級土木施工管理技士の試験を受けた時も言った愚痴だが、20代30代の現場管理者達は本当に忙しく、とても試験の勉強をする暇などないのである。おそらく管理技士の試験を合格している人の半数近くが、実際に現場で管理の仕事をしている人ではなく、事務や営業の方達が会社に言われ、多少給料が上がるからと試験を受け、合格しているのではないかと思う。決して事務や営業の人達の仕事を軽視しているわけではない。それぞれ大変な仕事をしているのは分かっている。私が言いたいのは試験制度そのものに対する文句、愚痴である。
ただ、例えば1級土木施工管理技士を合格した事務員さんや営業の方が、受かったからといって現場管理の仕事を新しく始めるのか?それを期に始める人もいるかも知れないが、当然大多数は始めないだろう。ただ会社の点数を上げる為に、所持しているだけなのである。しかし会社は資格持ちが増え、使える名前が増えるのだから当然仕事も多く取る。そしてその増えた仕事をするのは実際に現場管理をする人である。さらに試験勉強をする時間が無くなる。修正不可能な悪循環である。
それでもこの資格制度や経験記述の採点方法が破綻していないと言うつもりか?って事。

話はズレたが、とにかく人材不足なのである。薄給とは言わないが激務になるのは仕方ない。ただ仕方ないと言っていては何も解決しないのである。

私みたいな図々しい人間は直接会社に、頑張ってやるから給料を上げろ、上げなきゃ辞めると直訴するが、世の中の人は大体謙虚で真面目なのでそんな事はしない。その内慣れてしまう。


何が言いたいのか分からなくなってきた。とにかく今は忙しいのだ。ホントはもっと書きたい事があるのだが・・・。
ごく限られた友人達の間で行われる遊戯王ガチ対決の為のデッキ構築とかも書きたいし、FPSゲームを始めた事など。
時間が出来たら、いずれまた・・・。

まずですね、私は怪獣特撮が大好きです。元々ゴジラが大好きなんです。

初めて見たゴジラは『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』ですね。
私は1987年生まれなので、私が生まれる15年位前に公開されたものですね。何歳くらいに見たのかはちょっと覚えてないですけどVHSだったのは間違いありません。当時、繰り返し見まくっていた事は覚えています。
アンギラスが味方でしたね、確か(笑)。
多分ガイガンのフォルムが当時の私にはたまらなかったんでしょうね。それからVHSで前作見ましたね、確か。何故かキングコング対コジラだけかなり記憶から消えかかっていますが・・・・・・。・・・・・・・見たっけ?

92年に公開されたゴジラvsモスラ辺りからは毎年、公開されたら映画館で見たような気がします。津波で流されて今は無き、『岡田劇場』ですね。おばあちゃん子だったので、いつも連れて行ってもらっていました。vsデストロイアとかその時は怖くて仕方なかったような気がします。

もちろん2000年以降のいわゆるミレゴジシリーズも見ています。ミレニアムは結構衝撃的なラストでしたよね?私も阿部寛みたくゴジラを目の前にして煙草に火をつけてみたいです。1999年といえば、丁度中学1年位で親が離婚直前で家庭崩壊しており、自分だけが絶対的な不幸人間だと思い込んでいたので、ゴジラが街をぶっ壊しながら終わるラストは『こうなればいいのに』という感想を持ったような気がします(笑)。今思うとこの頃から退廃的な物語が好きになったのかもしれません。

まぁミレゴジシリーズ以降になると、私も思春期も終わって少し大人になっていたので、若干惰性で見ていた感があります。
FINALWARSには思い入れたっぷりのガイガンが出てきたので凄く楽しめてサイコー・・・・・・・なわけねーだろ!聳え立つクソじゃボケ!
とはいえ、当時はK1も大好きだったので、K1選手たちがゲスト出演していたのは良かったですね。レイ・セフォーとか出てましたよね、南海の黒豹。


おっと、そういえばシン・ゴジラの感想でしたね。ついつい昔のゴジラを思い出して熱くなってしまいました。

とにかく元々ゴジラが好きなんです。
そしてエヴァも大好きなんです。

エヴァをちゃんと見たのは高校の頃で・・・・って、これじゃいつまでたってもシン・ゴジラの話が出来ないので割愛します。

以下シン・ゴジラのネタバレを含みます。






結論から言うと、

シン・ゴジラ最高

ってやつでした。7回くらい見ちゃった。第2形態のクッソキモイフォルムとか最高。『あっ、こいつ目合わせちゃダメだ』って本能的に思いました。一番好きなシーンはゴジラが蒼い炎を吐きながら東京をぶっ壊す夜のシーンです。首相たちが乗ってるヘリがぶっ壊された所は震えましたね。

スーパーXとかのファンタジーな兵器ではなく、正に今の、2016年の日本が持てる技術のみでゴジラに対抗するのも良かったですね。本当に『現実対虚構』を完璧に表現してくれていたと思います。
日本の政治のあり方や良い点悪い点もしっかり出ていましたね。何でも本当にゴジラが現れたらどうするのか現役の政治家にインタビューしたらしいので、妙にリアルな展開でした。ちょっと大震災時の政党を揶揄している感じもあったと思います。
矢口蘭堂と赤坂さんの真逆な姿勢。夢追い風の矢口と現実的な考え方をする赤坂という対極的な図式の中で、最終的には矢口の賭けに等しいプランが成功していましたが、現実でゴジラが現れたら私も現実的な赤坂の考え方を指示してしまうかも知れません・・・。

ゴジラに関しても、完全に人間の味方じゃない、話の通じない、ひたすらに恐い存在として描かれていたのも良かったと思います。今までのゴジラシリーズだと、特定の人間と心通じ合わせたりする場面もあったんですが、シン・ゴジラだけは絶対分かり合えないタイプのゴジラでした。やべーよアイツ、平気で人とか刺せるやつだよ。


とにかくここ数年観た映画の中で一番面白かったですね。

ストーリーも然ることながら、やっぱり登場人物のキャラクター性が抜群でしたね。有能まみれでしたが、尾頭ヒロミさんのセリフ回しとか一生頭に残る喋り方ですね。あれって『世にも奇妙なものがたり』の『恐竜はどこへ行ったのか』に出てくる佐野史郎があんな感じで喋ってましたね。
泉さんも有能すぎて震えました。カッコよかった。
石原さとみの喋り方は一時期仲間内で空前絶後のブームを巻き起こしました。
主役を努めた長谷川博己は、私の中で「地獄でなぜ悪いに出てた狂気的な映画監督」というイメージが根付いてていた為、あんな有能な政治家役で出られると戸惑いますね。

最後ポンプ車をゴジラの口に突っ込んで凍結材を投入していましたね。ポンプ車は建設関係の仕事をしている私にとって馴染みの車両なので、ちょっと感動。第一部隊を容赦なくゴジラが吹き飛ばすシーンも震えましたね。

ラストは諸説あるけど、私の中では「自己増殖する寸前のゴジラ(ゴジラの本当の第一形態は人(牧教授)の形)」という事で結論づける事にしました。

とにかくシン・ゴジラは最高でした。
ただ一回だけ4Dで見ましたが、別に4Dで観るようなものではなかったですね(笑)

はぁ、もう映画館でみれないのが残念です。
あ、そうそう、シン・ゴジラは特に映画館向けの映画だと思います。
家でブルーレイとかで見ても迫力は半減どころか7割くらい減しちゃうかも。

シアタールームでも作ろうかしら・・・。

何度も言いますが、シン・ゴジラ最高です。絶対見て損は無いと思います。


え、海外では不評?

いや、そりゃそーだろ(笑)。って話です。




飲み始めたのは遅いほうだ。それこそ今年の頭くらいだと思う。

それまでは全く酒を飲まない人生を送ってきた。美味しく感じられなかったし、正直ジュースの方が飲みやすかった。自分はアルコールに弱い、と勝手に思い込んできたというのもある。

何かのきっかけで、飲みの席で飲んでみた。無限に飲めた。色んな種類の酒、日本酒やチューハイ、ビール、ハイボールなどを飲みまくった。全く酔わなかったし、気持ち悪くなったりしなかった。

30歳目前にしてアルコールに強い事が判明したのである。

今日に至るまで、翌日記憶が無くなった事も無いし、ましてや吐いた事すらない。忘年会でウイスキー水割りを何杯飲もうが、泡盛をガンガン攻めても、全く平気なのである。

平気、と言っても気分は確かに高揚するし、多分笑い上戸に分類されると思う。


父親がゴミみたいな人間で、酒乱な感じがあったし、結局両親は離婚してそれ以降父親に会った事は無いし、生きてるのか死んでるのかも分からない。何よりどうでも良い。死んでるならそれはそれで構わないし、生きてるなら苦しんで死んでくれる事を願うのみだ。
そんな理由で酒乱な人間や酒そのものを毛嫌いしてきたが、飲んでみるとこれは良いものである。

色々語ったが、結局酒美味しー!と言うことである。
皆にも節度を守ってアルコール漬けライフを堪能してもらいたい所存である。


今はとりあえずワインを嗜み、将来的にはフランスに渡り、ワイン用ぶどう畑を営むマリーという女の子と結婚し、幸せな人生を送りたいと思っている。

最近は毎日ワインを飲んでいる。

もやしもんフランス編を読み返したら飲みたくなったドにわかです。

白とか赤とかあんまり関係なく、とりあえず色々飲んでます。

コンビニで売ってる1000円前後の安いワインだからか、少し悪酔いしますね。いや夜は糖質制限してて豆腐しか食べないで、あとはつまみも取らずひたすらワインだけを飲んでいるからかもしれませんが・・・。


正直現段階では『おいしい!』とはならないですね。

でもまぁ大人の嗜みとしては身に付けたいので、今年いっぱいくらいはワインを攻めたいと思います。

最終日

万座毛→沖縄ワールド→那覇空港でした。

今思うと、10年前に来たときは開幕沖縄ワールドに行ったような気がします。
最終日はコースが完全に変わったのか、前日までと打って変わって中国人(というか自分達以外の観光客)が少なかったですね。月曜日だからかな?

万座毛はそうですね、万座毛でしたね。ええ。

沖縄ワールドは是非再来したかったんですよ、蛇と写真取る為に。
10年前も蛇巻いて写真撮りましたよ。爬虫類好きなんですよ。

ちなみに蛇は10年の間に代替わりしたらしいです。少し残念。

その後はエイサーショー見てお買い物。エイサーショーの女の子が可愛かったです。会社の独身男子達は虜になってましたね。


これ以上ないくらいお土産買って那覇空港からさよなら沖縄。


非常に寂しい気持ちで返ってきました。


で、次の日から仕事!


死ねってか!無理だろ、そんなの!

土曜日まで沖縄ロスを味わいながら仕事して、一気に現実に叩き起されました。


はぁ、必ずいつかもう一度沖縄行きたいですね。

今までも、金沢や京都大阪、四国、東北各県など行きましたが、やっぱり沖縄は別格ですね。初沖縄だった会社の人も何か人生観変えられた感じになってる人もチラホラ。分かる、分かるよその気持ち。


結構ハードスケジュールだったんですが、国際通りはもっと見学したかったし、海ももっと泳ぎたかったですね。

何だかやり残した事が一杯あるような気持ち。
やっぱりもう一回行かなきゃダメですね、うん。


ちなみに10万円近くお土産買いました。


旅先での写真なんかはいつかまとめたいと思います。



なんだかんだ楽しかったです!沖縄最高!はいさーーい!




美ら海水族館ですよ。

生のジンベイザメリーチが見れますね。素晴らしいです。


そういえば、今回の沖縄旅行ではちょっとタイミングが悪かったらしいのです。というのも、何か中国とか台湾からの観光フェリーが来ていたらしく、1億人くらい中国人?がいました。

国際通りのドンキホーテとか凄かったですよ。富裕層が爆買いしてました。ちょっと感動しました。


観光コースも被っていたのか、首里城も美ら海水族館も中国人台湾人がいっぱいいました。

美ら海とか凄かったですよ、魚より中国人の方が多かったですよ。


ジンベイザメ3匹もいたんですね。10年前はどうだったかな?


イルカショーも鉄板で面白かったです。頭いいですね、イルカ。多分うちの会社の作業員達より頭良いですよ。


夕方からはリゾートホテルのプライベートビーチで遊泳しました。海で泳ぐのなんて何年ぶりでしょうか。疲れますね。珊瑚で足の裏痛かったです。でも楽しかったなー、海。
水着のGALをガン見し続ける人生を送りたいなと思いました。

終始彼女を抱っこしながら遊泳してるカップルとかいましたね。半年後には別れてるでしょうよ。そんなもんですよ、愛なんて。


夜は宴会。
宴会といってもホテルなのでお上品な感じでした。正直やっぱり料理は口に合わないものが多いですね。
その後は泡盛がぶ飲みしながら、コンパニオンさん達とカラオケでした。沖縄ゆかりの歌ばっかり皆歌ってましたね。旅の空気がそうさせましたね。僕もオレンジレンジとか歌いました。


泳ぎ疲れて、夜はぐっすりでした。



さぁ最終日、夢の時間も終わりが近づいてきました。




続く

1日目の夜は前回書いた通りステーキ屋だったんですよ。

なんでも沖縄だと飲んだ後の〆はラーメンではなくステーキを食べるらしいですね。通りでステーキ屋が多かった。

皆とステーキ食べた後は、自由行動でソープに行き、その後小腹が空いたのでまた別のステーキ屋に行ってきました。

ステーキ→女→ステーキ。これですわ。絵に書いたような酒池肉林ですわ。


2日目は首里城→美ら海水族館→リゾートホテル的な所のプライベートビーチ的な所で泳ぐ→宴会


こんな感じでした。

首里城と美ら海水族館はやっぱり間違いないっすね。個人的には首里城はたまらないです。独自の王朝が栄えてた証とか完全に異国文化ですね。ホント素晴らしい建造物です。

そういえば首里城のお土産屋で買い物した際、おつりで2千円札を渡されました。
ファイル的なものに入れて一生取っておきたいです。CR沖縄海物語4のサンドにぶち込んでやろうかと一瞬思いましたが、なんかバチが当たりそうなのでやっぱり止めときます。


続く

社員旅行で沖縄に行ってまいりました。

沖縄は10年ぶり2回目の訪問になります。
本当に凄く良い所ですね。10年前に行った時も凄く感銘を受けて「いつか永住したい!」と思ったほどでした。
そして10年ぶりの今回も全く同じこと思いました。それくらい素晴らしい土地だと思います。

出発は遅めの直通便で行き、琉球ガラス村を見学した後ホテルにGO。夕食はステーキを食べ、その後は自由時間という1日目のプランでした。

ステーキは目の前でシェフが焼いてくれるというシステム。ここでちょっとした失敗をする我ら。というのも、肉→野菜→エビを順次焼き、皿に乗せていってくれるのですが、多分本当は全部焼き終わり皿に乗せてもらってから食べるのが正解だったのでしょう。だって最後にライスが出てきたんですもの。
そうとは知らず置かれた肉、野菜をすぐに食べてしまった為、ライスが出た時にはおかず0になってました。目の前で東南アジア系のバイト君が鉄板を清掃するのを見ながら、白飯だけを食べました。絶対間違ってたでしょ。


そして待望・唯一の自由時間。
個人で探索する人、キャバクラに行く部隊、ソープに行く部隊に分かれました。私は後輩(童貞?)をソープに連れて行く約束をしていたので、ソープ部隊のTAXYに乗りました。まあそんな約束してなくてもソープに行っていたでしょうけど。

10年前に行ったソープがあったので、そこを攻めようかとも考えたのですが、タクシーの運転手さんがオススメがあるというので、そちらの店に行きました。一応老舗らしかったです。
さすがに店の名前等は出せませんが、1時間22000円の所です。まあ料金は普通ですね。変に安い所とか行きたくないので構いませんが。

結果楽しかったですね。安定でした。やっぱりソープが№1!

女の子が『おちんちん君は生とゴムどっちがイイのかな?^^』という究極の選択を迫ってきましたね。
そりゃおちんちん君は生ですよね。失うものなんて何も無いんだから。

急にブログの更新が止まったら性病で死んだと思ってください。


続く

どういう沖縄旅路をしてきたのかは、後々まとめるとして、とにかく今は完全に燃え尽き症候群です。


夢のような楽しい沖縄旅行から一転、また仕事するだけの虚しい人生が再開するかと思うと死にたくて堪らないです。


沖縄は単なる国内旅行とは違い、まるで異国の文化に触れているかのような独特な感覚を味わえ、非常に人生観を刺激する良い旅先だと思います。


はぁ・・・。地元に帰ってきたのにホームシックみたい。沖縄に帰りたい・・・。

そういえば、今週末2泊3日で沖縄に社員旅行があります。
人生2度目から、沖縄に行くのは。良いですよね、沖縄。

本場の沖スロを打ってきたいと思います。そんな時間があればの話ですけど。

とりあえず確定している自由時間は初日の夜8時以降のみです。一応社員旅行ですからね。そんなもんです。
その自由時間は若い社員達の夜の遊びを引率しなきゃなので、ぶっちゃけ自由時間はないですね。

何故か月1以上でソープに通ってるのが社内バレしてしまっているので、皆僕を頼りにしてきます。別に沖縄の風俗詳しくないけど、まぁ大丈夫でしょう。

ちなみに初めて沖縄行ったのが約10年前でその時もソープに行きましたね。

もしその時に当たった風俗嬢と偶然また当たったらビックリですね。「君の名は。」もビックリの大恋愛ですね。


楽しみです。


このページのトップヘ