↑↑↑なんかモンハンワールドの拠点みたいじゃね?
31歳になったカスが一人旅行った記録とか残したり、ギャンブルや仕事の愚痴を書くよ。
今はモンハンワールドと荒野行動ばっかりやってるよ。

メローの競輪予想メモ 和歌山GP(GⅢ)3日目  ※追記コメあり

日課になりつつある競輪予想のお時間です。

良い子の皆!真っ当な人生送りたいならこんな事してないでちゃんと勤務時間中は仕事に専念するんだZO☆

1/13 和歌山GP(GⅢ)3日目 12Rの予想です。

といってもまだ決めれてないのよね~。
手堅いのは7=1-流し辺りなんでしょうけどねー。5-1=7や3-1=7辺りも全然あるよねー。

3-157ー157
9-178-178

これでいくか。

あえて手堅いところは外して3番中川選手と9番坂本選手に期待しましょう!


いつものようにレース終了後追記しまうま。

※ここからレース終了後 追記

レース結果2-7-1


ぐうの音も出ないくらいカスリもしませんでした。


っていうか僕が期待しましょうって言った選手ビリ・ビリ2なんだけど。どこ予想しちゃってるわけ?逆に凄いだろ。
このペースで行くと今年中に500万くらい負けれるんだが・・・。

さぁ明日は和歌山GP最終日。ただ日曜日は逆に忙しいので買うかは未定。

ホントさー1回くらい当たってくれよー。ドヤらせてくれよー。

初心者の競輪予想メモ 和歌山グランプリ(GⅢ)2日目 ※追記アリ

ぅいーす。昨日唐突に始めた競輪予想のコーナーです。

1/12 和歌山グランプリ(GⅢ)2日目 12Rの予想です。

1-9-347

これでいきます。
村上選手がトップを取る→単騎が多いので2位以下争いが熾烈。上手い事武田選手が後ろから迫る。
そんな感じのレースと予想。
がんばえー。



※ここからレース終了後 追記

しゅーりょー。

レース結果3-4-1

ねっ、こうなるんですよ。いつもこうなんですよ。いつもいつも2位の予想が掠りもしないんですよ。まままままま、そもそも村上選手が1着になるパターンしか予想してなかったし、ちゃんと3番も4番も買い目に入ってるし、そこまでそこまで外した予想じゃなかったっしょ。

まぁ当たらなきゃゴミと一緒ですけど。

いや仕事が忙しくてあんまり考える時間無かったので、3番1着や4番1着のパターンは考えなかったんですよね。

・・・なんか予想外した後の言い訳は宇宙一醜いような気がする。

いつか当たる日がくると良いですね。

初心者の競輪予想メモ 1/11和歌山グランプリ(GⅢ)  ※追記アリ

こんにちは。
最近仕事が忙しく、仕事終わりのギャンブルに勤しむ時間が減ってきました。なので仕事中にネットで競輪を投票する機会が増えてきました。
せっかくなので、予想目をブログで公開していこうと思います。
ちなみに競輪はスーパー初心者です。選手も数えるほどしか知りません。数年前からチマチマ競輪はやっていますが、的中率は0.5%くらいです。


1/11 和歌山グランプリ(GⅢ) 12レースの予想です。
5-2-流し
5-3-流し

9-2-流し
9-3-流し


自分はいつも、前回成績と府県ごとの総合的な強さを参考に1着になる人を予想→その場合のレース展開を選手コメントを参考に予想。って感じで考えてます。

今回はまず5番の村上選手が間違いなく強い人な事と三谷選手のフォローがあると予想。
9番の原田選手が先行したら7番の池田選手が村上選手をブロックするんじゃないかとみて、2着から村上選手を抜いてみました。


こんな感じの考え方で、過去ほぼ的中させた試しがありません(笑)
何の参考にもならない予想ってのも斬新かな、と思いこれからはこのブログにメモっていきます。

後3分でレース開始です。どうなることやら・・・。



※ここからレース終了後 追記
レースが終わりましたね。
結果 9-5-2

凄くね?逆に凄くね?1着9はしっかり当ててるのに、1番人気の5をあえて2着に予想しなかった結果がコレだよ……。こんな感じで毎回ピンポイントでどこか外してます。ついさっきまで「ブログに予想書いて1レース目から的中させたらどうしよっ!?天才予想士ブロガーの爆誕じゃん!?」とか思ってウキウキしてました。9番の原田選手が先行したら7番の池田選手が村上選手をブロックするんじゃないかとみて、2着から村上選手を抜いてみました。とかどんなツラして書いたんだよマジで。そこ超ピンポイントじゃねーか。怖いわ。
あーあー、何で当たんねーんだよ。いっつもじゃん。いっつもこうじゃん。当たれよ。大穴当たれよ。1000万くらい勝ちてーよ。働かないで楽して生きてーよ。あー死にたい。

呪縛

新年1発目のタイトルが呪縛ってなんやねんって話ですが。

一応ね、お盆休みなんですよ。30日~7日まで。

でも仕事が残ってまして。去年やった現場の書類をやらなきゃいけないんですよ。正月休みを返上して。

だから仕方なく遊びに行かずに会社に出勤しているんですが、しないんですよ、仕事。結局。やる気っが、まっっっっっっっっっっっっっったく起きないんですよね。
結局一日のほとんどをキズナアイみて過ごすという。尊いですね。キズナアイ。

で、夜帰って寝るという。どうせ会社行っても何もしないなら、どこか遊びに行けば良いじゃんって話なんですが、それはそれで「仕事しなきゃ」っていう罪悪感があって行くに行けないっていう。


もーホント無駄なお正月休み過ごしてるわ。

この呪縛から解放されるには本気だして書類作るしかないんですが、やる気でねーーーっつーの!お正月休みやぞ!

新年1発目がこんな更新なんて今年も先が思いやられますね。


年末ジャンボも当らなかったし。

何枚買ったかって?

1枚も買ってねーよ!

手短に

今年最後はケータイからの更新です。
今年の大晦日の友人宅で鍋。
DSC_0030


来年の目標は一人旅12回です。
来年も宜しくお願いします。

今年の遠出まとめ 表 

コンビ二も無いゴミみたいな現場からシティのど真ん中に移ったカルチャーショックで絶賛散財中です。死んじゃう死んじゃう。

意外と今月忙しく、今年はもう遠出出来なそうなので一旦まとめてみよう。

chapter1:発端
まず、そもそも出不精な私が何故急に一人旅なんていう高尚っぽい趣味を始めたのかという事。事の始まりは今年の2月24日。メローさん30歳の誕生日。うっすいうっすいサガミオリジナルも引く位薄い30年間を生きてしまった事を後悔し、毎夜枕を濡らす日々。でも後悔しても過ぎ去った日々はもう取り戻せない。気分転換と自分への誕生日プレゼントという事で、一眼レフカメラを購入。
この一眼レフカメラが予想以上だった。割と初心者向けのタイプだし私自身もド素人なのに、すっごい良い感じに撮れるんですね。少なくともただシャッターを押すだけで「一眼レフで撮った感」がちゃんと出る。しゅごい。
で、「あー、もっと前から買っておけば良かった。銀山温泉や沖縄に行った時にこのカメラを持ってたら凄い良い思い出を写真に綺麗に残せたんじゃないか。今度沖縄行くとしたらいつだろう?来年の社員旅行とか?広島とか行ってみたいな。海とかも写真映えするんじゃね?っていうか日本海とか行ったことない。っていうかそんなん車走らせたら行けんじゃね?なんで30歳になるまでそんな行動起こさなかったんだろう。失った若さと時間はもう取り戻せない死にたい。」と、思ったわけです。でも死ねないので、だいぶ遅いかもしれないけど、行動を起こしたわけです。何言ってるか分かんないかもしれないけど、きっかけなんてそんなもんです。


chapter2:はじめてのひとりたび
まぁ実は初めてじゃないんですけどね。20歳くらいの時、日光まで一人ドライブをしたことがあります。本当にただ車で南下しただけなので、カウントしない方向で。
で、いよいよ一人旅第一弾ですが、時期は3月。雪のSEASONなので日本海側や青森に行くにはちと厳しい予感。なにせ金曜の夜~日曜の夜までに行って帰ってこなければならないので。そうなるとやっぱり南下するしかねぇ!てなわけで「福島の方に行く」という事だけ定めて出発=3(←古い)
そんな感じで福島に行きました。道中の模様と写真はこちらから→福島 一人旅


chapter3:クラゲと世界遺産
第2回一人旅選手権は山形県の加茂水族館から岩手県の世界遺産・平泉を巡る旅。まだまだ雪残る山形を横断し、人生初の日本海と世界最大のクラゲ展示水族館・加茂水族館を見学し、さらに岩手県まで行き中尊寺と毛越寺を見学。中々の移動距離を叩き出した一人旅でした。
大量のクラゲ写真を添えた旅路はこちら→一人旅 加茂水族館&中尊寺


chapter4:霊山で感じた生と死
おそらく今年最大のイベントだったであろう、青森・恐山への友人との二人旅。ゴールデンウィークを利用し、十和田湖と恐山を見学しに行きました。恐山凄かった。本当に行ってよかったです。死ぬ前にもう一度行きたいです。1日目は八戸、2日目は盛岡に泊まり地酒を堪能。
恐山の荘厳さをわずかでも感じ取ってもらいたいと思って撮った写真とその旅路はこちら→青森二人旅


chapter5:クラゲとキツネ
唯一プライベートで集まる極小規模なメンツでゴールデンウィークを利用して小旅行。ちなみに青森から立て続けの遠出でした。行先は加茂水族館と蔵王キツネ村。一人旅の場合は「何処に行くか」が重要なファクターですが、一人じゃない時は「何処へ」よりも「誰と」が大事になりますね。親しい友人と行けばその辺のコンビニでも楽しいものです。例えほんの一月前に一人旅で来たばっかりの加茂水族館だったとしても。そんな友人達との旅行の模様はこちら→クラゲ再び


chapter6:「新潟」という土地に惚れる
7月に行った一人旅は新潟と福島(西方面)。もうね素晴らしかった。新潟最高。酒も肴も美味しいし、自然も豊富だし古き良きアーケード街もあり、歩きまくりました。新潟は年1のペースでは再訪していきたいです。予想外に今年後半は忙しく、今年の一人旅はここがラストでしたが、我ながら素晴らしい行先チョイスだったと思います。雪のSEASONは行けなくなる福島の吾妻小富士も佳景でした。心奪われた新潟一人旅はこちらから→新潟最高


chapter7:隠されたキャンプ
実は8月のお盆にお馴染みの友人3人とキャンプに行ってきた。すっかりまとめるのを忘れていた。ちなみにメッチャ雨降ってたことしか覚えていない。単純にテント張ってタープ立てて肉を焼いて喰うっていう行為が現実逃避効果抜群で楽しいです。雨降ってる中でのテント内は世紀末感がありました。


chapter8:新庄でバドミントン大会
社会人になってから初めての他県のバドミントン市民大会に助っ人参戦。観光も何もないです。がっつり朝から晩までバドでした。


chapter9:仕事で福島いわき平へ
ちょっと専門的なお仕事で福島へ。重さ25kg超えの荷物を背負って2時間半かけて山を登り、30分ほど地質調査をして再び荷物を背負って山を下りるという修行の様なお仕事。獣道に次ぐ獣道と雨天で、しゅごい体験でした。一緒に行った同僚は最後ほぼ感情を失っていました。


こんな感じですね。ウジウジ言ってる割にはパッと見充実してそうな1年ですね、思い返すと。
来年も月一ペースで一人旅やイベントを行いたいですね。あと出会いが欲しい。異性と。

タイトルが「今年の遠出まとめ 表」となってますね。表には裏がありますね。このブログでは趣味趣向も包み隠さず書いていきたいので「今年の遠出まとめ 裏」もその内書きたいと思います。

ささ、今年も残すところ後僅か。せっかくここまで生き延びたので、後5日くらいはどうにか生きていきたいですね。では。

オンラインで機種変更した話

せっかくタイヤ交換したんだから雪降れやって感じの今日この頃です。

先々週くらいでしょうか。スマホでツイッターなりchromeなりを閲覧してたらいきなり電池が40%→0%になりまして。あれー?と思いつつその日は充電して終わったのですが、それ以降も頻発して同じ現象が起きるようになってしまいました。まぁ所謂バッテリーの劣化なのでしょうが、このケータイも2年以上使ったしこの機会に機種変更をする事にしたのです。

で、私の機種変更のイメージって[auショップに行く]→[変更したい機種を選ぶ]→[手続きをしてもらう]→[ゲッツ!]って感じだったんですけど、まずauショップ行った段階で、[来店予約が必要な事][夜6時以降は機種変更受付け出来ないという事]を告げられました。仕方ないので撤退し翌日来店予約を取ろうとしたのですが、土日は埋まってる&夕方以降は混んでるとの事で何かもう手詰まりみたいな事になってしまいました。もっと辺鄙な所のauショップなら予約も必要ないんじゃね?つうか万代書店辺りで本体だけ買ってSIMカードさせばもうオッケーなんじゃね?機種変完了じゃね?って考えたんですよ。
で色々ネットで調べたら、au公式のオンラインショップで機種変更出来るとの事!しかも簡単に!
ざっと手順を箇条書きすると、

1.au onlineshopにアクセス(リンク貼りたいけどリンクフリーかどうか分からないからggって。ggって守護月天。)

2.機種を選ぶ(メーカー毎種類毎名前毎、簡単に検索できます。)

3.料金プランを選ぶ(ピタッとプランかフラットプラン20辺りがbetterな選択。)

4.ご利用料金シュミレーションが出るので、確認。

5.本体代お支払い方法の選択(2年契約が一般的だと思われるので、分割して毎月の料金で払う事になると思われ。)

6.受取方法の選択(お近くのauショップで受け取るか普通に自宅に届けてもらうか。)

7.届くのを待つ(私の場合は2日後には届きました。待ってる間に液晶保護フィルム等を買おう。)

8.届く

9.SIMカードを入れ替える

10.必要なアプリを入れる(つーか勝手にインストールしてくれる。多分。)

11.電話帳のバックアップやLINE等SNSの再ログイン(人それぞれ。バックアップ等は新しい本体が届くのを待ってる間に幾らでも出来るはず。)

12.完了

こんな感じです。長々とめんどくさそうに見えますが、まず1~6までは10分もあれば終わります。今時はスマホからスマホに機種変更する時はSIMカードさえ入れ替えれば後は勝手に全部やってくれるっぽい。少なくとも京セラのURBANOからSONYのエクスペリアに変えた私の場合はそうでした。

つまりは選ぶ→届く→SIM挿すの3手順で終わりです。簡単ですよね。

ネットで購入するメリット・デメリットはこんな感じ。
☆メリット
・今すぐにでも手続き可能
これ。shopはどうしても祝日や週末混んでますから、機種変更に限らずプラン変更でもかなり時間を取られてしまいます。そんな無駄とも言える待ち時間がなくなります。
・ゆっくりじっくり機種選び
何せ公式のオンラインショップですから細かい機種概要も全部書いてありますので、他との違いやどれが最新なのか、求めてるバージョンなのか、ブラウザで多窓にしてじっくり比べる事も可能。混んでる店内だと気を使って店員に言われるがままに契約しちゃうなんていう心優しい貴方も安心。
・安い
意外と知られていない頭金というものがあるのです。これは店頭で契約すると恐らく手続き料という事で、本体代オプション代以外にもお金を請求されているのです。その額およそ¥5000~¥10000も!これがオンラインショップなら¥0。完全に¥0。つまりオンラインで買った時点で店頭で買うより数千円安くなるのです。

★デメリット
・待つ
店頭なら在庫さえあればその日その場で新しい本体が手に入ると思われます。しかしオンラインショップだと、契約してから自分の手元に来るのに最低2日は掛かるかと。これは絶対に避けられないデメリットかと。もしも地元のauショップが見た感じ空いてそうなら、在庫確認だけでもしてみるのも良いかも知れません。で、店頭にも在庫が無いならネットで買っても同じ結果かと。
・料金プランよく分からない場合がある
機械上で取引する場合の最大のデメリットかと。店頭なら店員さんが詳しく教えてくれるだろうし、その人にあった料金プランを導いてくれると思います。ネットだと羅列された料金プランから自分に合うものを探さなければなりません。もちろんその料金プランの詳細は書かれていますが、やっぱり詳しい人に実際に聞いて選ぶのではワケが違うと思われます。全然自分に合わないプランを選んで失敗してしまう恐れがある人は、無理せず店頭でちゃんと手続きをしてもらうのが吉かと。

こんな感じですかね。一番良いのは詳しい友人等に教えてもらいながらネットで購入、ですかね。
私は以前知り合いがauショップで働いていて、その時は何一つ問題なく機種変更等してもらっていました。今は辞めてしまったので一苦労です。周りにそういう事に詳しい人がいない場合は何とか時間を作って店頭で買うのも悪くないとは思います。


長々と書いてしまいましたが、店頭・ネットどちらも一長一短だという事です。私個人はネット購入の方が時間的にも値段的にもかなり得した気分でした。
注意として、上記は全てauからauに機種変更する場合の話です。他からauに機種変更する場合はauIDを持っていない事になるので、もしかしたら余計に手間がかかったり、最悪ネットでは機種変更出来ない可能性もあると思われます。

以上が自分がauオンラインショップで機種変更をした時の過程と感想になります。スマホに関しては自分も中々の情弱なので、同じくらいの情弱の方の参考になれば良いなって思います。


以上。次回は[メロー無残!アダルトVR導入でテクノブレイク!]でお会いしましょう。

C-HR スタッドレスタイヤに履き替えたってよ。

今年も雪のseasonが近づいてきましたね。

東北地方で車ありきの人生を送る上で必須なのが冬用タイヤ。まだ雪模様ではないですが早めに買って早めに履き替えてきました。
C-HRはまだまだ出たばっかりの車種なので、まだ買ってない人の参考にでもなればいいな、なんて思ったり。


まず確認しておきたいC-HRのタイヤサイズ。
C-HRはグレードによって標準タイヤサイズが違います。グレードSは215/60/R17でグレードGは225/50/R18になっています。(ガソリン車ハイブリッド共に)
車体に対して結構大きいですね。

冬用タイヤ購入時のポイントが「タイヤ」だけ買うのか、「ホイールとセット」で買うのかというところ。何せC-HRは純正のホイールが格好良いですからね!せっかくの純正ホイールを活かす為に、タイヤだけ買って履き替えるというのももちろん一つの案として出てきます。しかしタイヤだけ買ってしまうと、次履き替える時に中々自宅でパパッととはいかなくなります。多くの場合、再びカー用品店等に行き、お金を掛けて履き替えてもらう事になると思われます。
簡単にまとめると、
・タイヤだけ購入した場合、純正ホイール活かせるが履き替えが面倒になる。
・ホイールとセットで購入した場合、純正ホイールでは無くなるが自宅でも簡単に履き替えられる。
の2パターンが出てきます。
そうなると決め手と成りうるのが「お値段」ですよね。
もちろんタイヤだけの方がホイールが無い分安くなるのは間違いありません。しかし、
そこまで値段に大差はありません。
実際に私が見積もってもらった価格を見ると、
225/50/R18のホイールセット・・・約14万円
225/50/R18のタイヤだけ・・・・・約11万円
215/60/R17のホイールセット・・・約12万円
という結果に。冬用タイヤはインチダウンさせても問題ありませんので。そもそもC-HRはグレード間でタイヤサイズが違いますが、車体が違うわけではないので17インチでも全く問題ないと思われます。
上記の見積もり結果から私は一番コスパが良いと思われる「215/60/R17のホイールセット」を買ったのでした。
↓↓↓純正との比較写真↓↓↓
KIMG1326

KIMG1323

KIMG1324

KIMG1325


履き替え後の写真になります。
インチサイズを変えてもそこまで違和感がありませんが、純正ホイールじゃないとちょっとアレですね。コスパ等を考えた結果です。ホイールセットで買っちゃえば、今後は家でもタイヤ交換できるので。うんうん。
もちろん一番良いのは純正のホイールをもう1セット買って冬タイヤ用にしちゃう事ですよ。でも一番お金が掛かると思われ。

そんなわけで私の結論はインチダウンしてホイールとセットで買う、でした。
そもそも自分では一切タイヤ交換しないという場合はタイヤだけ買っても良いかと。
車屋混んでるし自分のタイミングで自分でタイヤ交換するという方はホイールとセットで買うのが良いかと。
どうしても純正ホイールで尚且つ自分でタイヤ交換するという方は純正ホイールをもう1セット買うのが良いかと。
そんな感じの選択肢が出てきますので、自分のスタイルに合わせてタイヤ交換を行ってください。

ハレ晴レユカイ☆

ストレス要因に囲まれた地獄のような現場を離れ、街中の現場に来ました。

ここではサブ(助手)のような立場で測量したり写真撮ったりするだけなのと、出勤に掛かる時間が半分になったり、帰りも早めに気を使わず帰れるので一気に穏やかな日常が戻ってきました。

前の現場だと夜遅く帰った上にイライラして寝れないなんて事もザラでしたが、全くそんな事もなくなり、逆に朝も起きれなくなりました(笑)


来月辺り、一人旅行けたら良いなと思っています。
雪のシーズンなので、近場かな?銀山温泉辺りに日帰りで行くのも良いかなって思ってます。

松島ライトアップと写真の難しさ

DSC_0865


日本三景 松島のライトアップイベントに行ってきました。

松島は家から車で20分位で着いちゃうのです。さらに小中学校の頃の遠足でもよく松島に行っていたので、大人になってから改めて観光したりはしてきませんでした。
しかしながらせっかく一眼レフを買ったので、極上であろう夜景のシャッターチャンスを逃す手はありません。

行き飽きたとはいえ日本三景。週末、連休前は混むであろうと推測し平日ド真ん中の水曜日に行きました。

DSC_0740

かなり気温も下がってきて一気に冬の模様だったので、そもそも紅葉自体が散っているかとも思ったのですが、杞憂だったようです。円通院にて厳かに整えられた石庭と予想を遥かに超えて彩られる紅葉です。素晴らしかったです。
DSC_0755

DSC_0756

DSC_0757

DSC_0765

DSC_0767

DSC_0774

DSC_0787

雨上がりという事で、岩に付いた苔も色濃く、赤い落ち葉で良い感じです。
DSC_0790

フィルム映画の様に岩に転写されていました。
DSC_0799

DSC_0808

一番の見所である円通院の心字の池に鏡のように反射した紅葉風景です。
DSC_0830

DSC_0839

DSC_0853

DSC_0854

石庭。綺麗でした。
DSC_0858


水曜日でしたがかなりの見学人がいました。休日前はもっと混むんでしょうね。
ライトアップは11月19日までなので、もう今年は終わってしまったと思われますが、また来年も必ず見に来たいと思います。

ちゃんとした夜景?を一眼レフ買ってから初めて経験しましたが、かなり難しかったです。一応それなりに予習をして設定を段取りしていったつもりでしたが、中々思ったように撮れてくれませんでしたね・・・。しかもブログにうpする云々を考えてあんまりデータが大きくならないように画質とサイズを少し落としたら、結構残念な仕上がりで自分の腕の無さを痛感する一事となりました。勉強します。
容量気にしてたら良い写真も撮れないし、せっかくの一眼レフなので今後はFINE+RAW、そしてサイズはLをちゃんと選択していきたいと思います。
友達数人と見て回ったので、人が入った写真は省きました。

今回のイベントで結構カメラ熱が上がったので、もっと勉強してバシバシ写真撮っていきたいです!


素晴らしかったです松島ライトアップ。クルーズ系のイベントもあるみたいなので、皆さんも来年は是非見に来ては如何でしょうか。